P/L:ヴィオラちゃん

今日のヴィオラちゃんのレッスンは、前回に引き続き大型複合施設でのパブリックトレーニングです。

初回の頃よりも環境に馴れてきたこともあり、落ち着いてきている面と、馴れてきたからこそ我が強くなり相手の犬に吠えられると興奮してしまい飼い主さんのコントロールができなくなる場面も見られました。

ヴィオラちゃんの動きや反応に対して、終始声掛けが多くなりコマンドを出す前に必ずアテンションが入りますので、常に飼い主さんの声が流れている状況は、本来のコマンドを優先させる意味では不必要な対応ですので、意識的に声掛けを減らし、シンプルなコマンドのコントロールを心掛けていきましょう。

また「Heel」などの高度なコマンドを、高い刺激レベルの環境下で実行できるのかどうか?の判断も飼い主さんが行い、現状の刺激レベルで実行可能な動きを引き出して誉められるようにしていく事も、ステップアップする為には必要な考え方です。トレーニングのレベルは環境刺激レベルにより変動しますので、刺激レベルが低い環境下で出来ているコマンドも刺激レベルが上がるとできなくなる事を飼い主さんは理解した上で適切コマンドをだすか?出来なコマンドは出さないという選択肢も必要になります。

目の前を犬や人が通っても落ち着いて伏せの姿勢を維持できるかどうか?というトレーニングも、まずは「伏せ」の姿勢の維持をどのように理解させるか?そして、その方法を飼い主さんが理解しているか?を再考しましょう。トリーツを使う場合も、トリーツの出す位置や頻度とトリーツに対してのヴィオラちゃんの動きが正しいのか?の確認。そして、誉め言葉やトリーツが解除の理解になっていないかどうか?の確認など、いくつかの確認事項を日々の生活の中でも行いながら改善していきましょう。


関連記事

  1. P/L:鉄心君。

  2. P/L:ハル君

  3. P/L:リリアちゃん

  4. with sarada Lodging training in MON…

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:アメリちゃん。

  7. P/L:モコちゃん

  8. P/L:エルサちゃん&アンナちゃん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031