P/L:鯉太郎君&ペー助君

今日の鯉太郎君ペー助君のレッスンは、先日のカウンセリングから今まは少なかった「誉める」という飼い主さんからのアクションを意識的に多くしたことで、良い面と課題となる面なども出てきているようですが、課題となってしまった要因は、現在の飼い主さんが本来の飼い主さんの役割を果たしていない事が要因のようです。

今日のレッスンでは、トレーニングを進める上で理解しておいて頂きたい行動学や課題に対しての対応の仕方、飼い主さんとしての知識や技術の習得について考えて頂きました。

アテンションコマンドとアイコンタクトのレッスンでは、ペー助君に対しての威嚇行動も見られましたので、あえて状況を作りながら飼い主さんの対応を実践して頂き、飼い主さんがどのようにコントロールをすべきなのか?を体験して頂きました。

そのタイミングで、どのように対処し、どのタイミングで誉めるのか?を繰り返し体感で覚えていかないと中々対応がスムーズにできなくなります。

飼い主さんからのコマンドを優先できるように、これから1歩ずつ関係性を構築しながら進めていきましょう。

アテンションコマンドとアイコンタクトのトレーニングも、段階的に進めていかないと本当に理解が進んでいるのか?が確認できなくなります。

ペー助君は、まだ月齢も若く課題として習慣化されている部分は多くありませんが、先住犬の鯉太郎君は、今までの対応が鯉太郎君優先の対応でしたので、今日から飼い主さんの優先になる事で抵抗感も出てきますので、先を予測しておきながら改善していきましょう。その為にも、飼い主さんのコマンドを優先して従えたらシッカリ誉める事を忘れない事と、報酬を先行して出さない事を守ってください。


関連記事

  1. P/L:ひすいちゃん。

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. しつけ無料相談会

  4. P/L:ライス君。

  5. P/L:花音ちゃん。

  6. P/L:モロ君

  7. P/L:くう君。

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031