P/L:椛ちゃん

今日の椛ちゃんのレッスンは、前回までのトレーニングの反復練習とステップアップトレーニングなどです。

「ハウス」は分かっていますが、前回同様にコマンドを実行し続ける事や「ハウス」のコマンドは、顔が出てていいのか?どうあるべきか?などを飼い主さんが椛ちゃんの行動を良く観察した上で、誉めるべきタイミングを体感で覚えて頂きます。

どれも、「ハウス」には入っていますが、どこを基準にするか?で椛ちゃんの行動は変わりますし、本来自己アピールの強い性格ですので、この積極的な気持ちの強さが様々な場面で表面化します。飼い主さんが思う「ハウス」の基準を決めたら、飼い主さんが妥協せずにこれからも継続していけるようにしましょう。

「ついて」の脚側行進については、今までトリーツを貰えていた距離間で遅れるようになり、ハンドラーとの同調性が低下しますので、どこまで同じようなリズムで集中し同調できるように強化をしていきます。

紐付きと紐無しとの差を無くすために、まずは紐付きでポジションを安定させますが、必要最小限のハンドシグナルや誉め言葉を駆使して強化していきましょう。今まで無意識にトリーツを与えていたポイントを、ランダムにしていく事が必要ですが、今までのポイントでトリーツが出てこなくなると一時的に意欲が低下します。間歇強化を進める上での第一段階ですが、この段階から椛ちゃんの気づきが行動として出てきた瞬間をタイミングよくシッカリ誉める事で、次のステップに進むことができますのでハンドラーのトレーニングへの取り組み方を再確認していきましょう。

前回のトレーニングで行った「アラウンド」のコマンドに関しては、レッスンの後半でしたので集中力が低下し、距離が延びる事で動きの精度が落ちていましたが、無理をせずに失敗をさせないように考える事が大切です。

また、アラウンド後の「ついて」のコマンドの実行性が不安定ですので、ハンドラーの手の動きを見ながらの行動が目立ちますので、トリーツを与えようとする動きを先読みされないように注意をしながら進めてみて下さい。


関連記事

  1. P/L:ウィル君。

  2. P/L:カノアちゃん

  3. P/L:カノアちゃん

  4. P/L:トナ君。

  5. P/L:リリアちゃん

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. with sarada 138th Yokohama-School

  8. P/L:ルカ君&ピュレちゃん&ハナちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2024年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031