ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

本日のトレーナークラスに参加されたのは、トレーナー4名とぶんた君テン君グート君晴れちゃん・あんなんちゃんの5頭です。 今回は、ハイドの難易度をレベルアップさせた設定での捜索とそれぞれのセッションで設定のバリエーションを実際にトレーナー同士で設定をして、犬の動きやハイドからのセントコーンの確認などを体感して頂きました。


ぶんた君は、最初のセッションでは屋外を気にする動きも見られましたが、2回目以降はとても集中した捜索ができていました。告知姿勢も安定してきていますが、今回のように臭いの大きさが小さくなることでピンポイントの告知が中々できなくなりますので充分に時間を与えて確認してあげましょう。ぶんた君は誉める事で自信がつきますので報酬のタイミングよりもハンドラーからの適切な誉め言葉も活用してみて下さい。但し、告知姿勢の静止に影響がある場合は、臨機応変な対応が必要です。


テン君は、ハイドの難易度がレベルアップしても何ら影響は感じさせない安定した捜索です。冷静に淡々と捜索を進めますし、告知姿勢も安定していますのでハンドラーにはとても分かり易く信頼性に高い告知になっています。また今後は設定レベルも上げながらステップアップしていきましょう。


グート君はスタートから意欲的で捜索速度も速いですが、速さだけではハイドへ到達できない事は自覚していますのでセントコーンを捉えてからハイドに到達するまでの動きは、とても効率的で精度の高い動きになってきました。捜索エリアの認識やセントコーンの動きなどの理解も深まっているようです。ただ、集中が切れるとハンドラーとの距離間が一気に縮みますので、その際のハンドリングはハンドラー側のテクニックになりますので集中を切らさない対応を心がけてみて下さい。


晴れちゃんは、最初のセッションでは、やはり捜索よりも出口に対しての意識が強くなりましたので一旦オンリードで捜索で意識の切り換えをおこなったところ、いつもの意欲的な捜索が戻ってきました。今回は、ハイドから臭いの大きさが小さい事や、設定の方法が今までと違う事で残留臭等への誤告知も見られましたが、後半は晴れちゃんらしい素晴らしい捜索を見せてくれました。


あんなんちゃんは、前回よりもスタートから意欲的で慎重な捜索が出来ていました。最初のセッションでは、レベルアップしたハイドへの認識の確認でしたが、2回目以降の設定は、難易度が高く難しい設定が続く中、壁沿いのセントコーンの認識とハイドまでの辿り方が、とても上手でした。最後の設定も、ハンドラーからは目視できない位置でしたがピンポイントで告知ができていました。途中、残留臭などへの誤告知も見られましたが、ハンドラーはもう少しあんなんちゃんの捜索を信頼すると更に良いかもしれません。


関連記事

  1. ノーズワークトレーナークラス

  2. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  3. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  4. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  5. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  6. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  7. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  8. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031