ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

本日のトレーナークラスはインドアでのアロマステージのセッションを開催しました。参加されたのは、トレーナー4名と晴れちゃん・テン君・グート君・あんなんちゃん・ぶんた君の5頭です。

今日のテクニカルセッションでは、アラートの際のハイドと鼻の位置関係について現状よりもピンポイントでの告知動作としてハンドラーが確認できるようにステップアップをする為の対応を考えて頂きました。またハイドの設定も、2か所から3か所に増やしながら、捜索時間と集中力の持続時間を延ばし最後まで諦めない捜索とハンドラーのハンドリングによる捜索範囲のコントロールなどについても学んで頂きました。それぞれのペアはフルブラインドですので、以前よりもペアとしての成熟度も上がっていますし、今までは影響を受けていた様々な環境刺激も克服できるようになり、心の逞しさを感じさせてくれました。


晴れちゃんは、スタートからの意欲や屋外から受ける影響を無視し、捜索に対しての集中力が非常に高くなりました。告知動作の静止姿勢も非常に安定していますし、ハンドラーの晴れちゃんの動きを読み取る観察力も安定しています。ハイドの数が多くなることで、捜索範囲を指示してハンドリングする点に関しては、今後の課題として取り組んでいきましょう。


テン君は、とても落ち着いた捜索が出来ていますし告知姿勢も非常に分かり易くハンドラーに伝えることができています。ハイドの設定により、鼻の位置がハイドよりも少し離れてしまう場面も見られますので今後の設定の難易度が上がった場合を想定してピンポイントアラートができるようにしていきましょう。


グート君は、スタートから意欲が高く常にやる気に満ち溢れています。集中力が時々低下してしまうと良い結果につながらない事にもなりますので、スタート時の意欲が興奮にならないようにしていく事も大切です。告知動作も以前とは比較にならないほど安定していますし、ハンドラーからの信頼感も以前より高くなっています。セントコーンに対してシンプルに捉えている動きは、グート君の安定した捜索能力の表れですので、これからも楽しみです。


あんなんちゃんは、とても安定した捜索と切り替えができる段階まできています。複数のハイド設定では、まだ少し最初のハイドへ戻る場面も見られますが、気持ちの切り替えができるようになっていますので、もう少し広いスペースであんなんちゃんの動きを見てみたいところです。告知動作のハイドとの距離間に関しては、基礎トレーニングで鼻とハイドの接近した瞬間を捉えながら修正してみて下さい。


ぶんた君は、今までであれば後半はクレートから出てこなくなるくらいのセッション回数を問題なくクリアできていますし、屋外を通る人に意識が行くと途中で捜索を止めてしまう事も多く見られた以前とは比較にならないほどメンタル面での成長が見られます。フードステージからのステップアップとアロマサーチでは作業としての認識の深さもあり、ぶんた君の気持ちの中に作業を達成する気持ちも目覚めてきたようです。告知動作も非常に分かり易く、ハンドラーの信頼感も高いようです。


関連記事

  1. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  2. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  3. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  4. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  5. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  6. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  7. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031