P/L:ミーナちゃん&かん太郎君

今日のミーナちゃん&かん太郎君のレッスンは、FIELDで現状の課題についての飼い主さんの対応についてのお話や特にかん太郎君の成長による変化について、今後予測されることなどについてレクチャーとコマンドの基礎トレーニングを行いました。

ご自宅では、ミーナちゃんへの遊びを仕掛ける仕草が段々激しさを増しているようです。この行動をどのようにすべきか?悩まれているようですが、あまりにもミーナちゃんに負担がかかっている場合は、躊躇なく介入してかん太郎君の行動を止めることを選択しましょう。犬同士の関係性に関しては、極端な介入は慎むべきですが、その時々の状況判断はとても大切です。飼い主さん側からの「やめなさい」のコマンドに対しても理解を示していますので実践してみましょう。

また遊ぶ前や、知っている他の犬との挨拶などでも、必ず飼い主さんがイニシアティブを握り、飼い主さんの許可で挨拶ができるようにルールを決めてください。今回はFIELDですのでオンリードからオフリードにしても動かさないで飼い主さんの解除のコマンドで動きようにルールを決めました。日常でも色々なルールが必要です。飼い主さんが忘れずに実行できるルールから一貫した対応で行うようにしてみましょう。

かん太郎君との1対1の時間を活用した遊びによるコミュニケーションの時間も大切です。単に「遊ぶ」と言っても様々ですので遊ぶためのアイテム選びも大切です。

お気に入りのアイテムをサプライズのように飼い主さんから出てきて遊べるように期待感のある遊び方を飼い主さんが身につけてください。そして飽きるまで遊ばずに、「もっと遊びたい!」という気持ちを残して遊びが終わる事が大事です。

基本的なコマンドの理解は、現在の誘導の方法がトリーツ先行になっていますのでコマンドが優先されません。また飼い主さんの手の動きや顔の動き体の動きの習慣などで2頭ともに特徴のある動きをします。飼い主さんの体の動きをニュートラルにして先読みや無視をされないコマンドにしていきましょう。

ミーナちゃんは、今までの飼い主さんとの時間の中で多くのコマンドを理解していますが、今後は精度を向上させることで更に良い関係性が深まります。単なる「おいで」のコマンドも、飼い主さんに真っすぐ直近に座れるようにするだけでも感覚が違います。是非、続けてください。


関連記事

  1. with sarada 113th Yokohama-School。

  2. P/L:花音ちゃん。

  3. P/L:こはくちゃん。

  4. P/L:マー君&ゲイリー君。

  5. P/L:スフレちゃん。

  6. P/L:マロニー君。

  7. P/L:獅子君。

  8. P/L:獅子君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930