P/L:CJ君

いつもノーズワークを頑張っている、CJ君(ミニチュアダックスフンド1歳11か月♂)の今日のレッスンは、成長に伴う♂犬としての自我の目覚めから他の犬への吠えが目立つようになってきているようです。多頭飼いの環境ですので、先住犬が居ますが全て♀犬であることも含め、パックを守ろうとする意味での他の犬への排除行動として、吠えが顕著に表れているようです。♂犬として月齢を重ねるごとに以前よりもプライドが高くなる事は珍しい事ではありません。

CJ君が、パピーの頃から犬社会の社会化を教えてくれた先輩犬に対しては、いつまでも低姿勢ですが、初めて会う犬で特に♂犬や、♀犬でも気の強い相手もしくはパックに対して敵対してくる相手に対しては、当然ながらの行動ともいえます。

また、飼い主さんも今までのCJ君の他の犬への接し方や反応に関しては、及第点を出していましたが、特に深く関わらずに、CJ君なりの動き方を許容していましたので、CJ君からすると現在の行動に対して飼い主さんからトヤカク言われる筋合いは無いとでも言わんばかり。

関係性を築く上での基礎となる関わり合いを持たずに、CJ君に任せていた飼い主さんの責任も大きいですから、今後は、1対1の正しい関係性を築きながら現在のCJ君の成長や立場を理解してあげる存在になることが必要です。

今日のレッスンでも、今までと飼い主さんの対応に変化が起きたことで、CJ君の視線や集中力にも変化と改善が見られています。

オビディエンスだけが全てではありませんが、基本的なコマンドをシッカリ理解させて、「従う心」を育むことが、現在の課題の改善には最も必要なエレメントです。特にリードでのコントロールをせずに、CJ君の自発性を如何に引き出せるか?が基本ですが、パピーではありませんし、既に今までの経験で、自らの要求が通ることも知っていますので応用力とスピード感をもって対応していきましょう。


関連記事

  1. C/L:ラテちゃん

  2. C/L:心愛ちゃん

  3. P/L:椛ちゃん

  4. P/L:パコ君

  5. P/L:ブランシュちゃん。

  6. P/L:ラルフ君。

  7. P/L:ウィル君。

  8. P/L:ジャック君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930