P/L:ブランシュちゃん。

今日のブランシュちゃんのレッスンは、オビディエンスの強化トレーニングです。

脚側停座のポジショニングが、少し斜めになる傾向があります。この修正は確実に行う必要がありますが、指導手の体符で修正する基本動作から、視符(ハンドシグナル)で修正できるようにしていきましょう。ブランシュちゃんが集中できていれば飛び跳ねるようにして瞬時にポジションを移動できます。この修正の指示は、本来しないで確実に正しいポジションに脚側停座できることが理想ですので、指導手はブランシュちゃんと同調しながら脚側行進をして、屈折やターンを綺麗に動けるようにしていきましょう。その為には、脚側行進の際の姿勢がアイコンタクトを維持した姿勢が理想です。

アイコンタクトが外れた時に、コマンドを出す場合は、アテンションコマンドではなく必ず「ヒール」のコマンドでアイコンタクトを促すようにして下さい。また、誉めてアイコンタクトをさせるなどの誘導的な声掛けは、プラスにはなりませんのでアイコンタクトを維持して脚側行進を維持させられるように、短い距離から集中して脚側行進のトレーニングを心掛けて下さい。リードで指示を出すタイミングなども、遅くなると意味がありませんし、指示に対して脚側行進を維持出来ていたらタイミングよく誉めるようにして下さい。脚側行進の維持や、脚側行進中の斜行の改善の為の指示無し停座とトリーツの出す方向の改善などもブランシュちゃんの理解力により、その反応に適した対応をして下さい。

待機中のビオラちゃんも、このトレーニングを開始した当初は、要求吠えが多く静かに待機する事ができていませんでしたし、「伏せ」の姿勢も理解ができていませんでしたが、飼い主さんの日頃からの対応で、静かに伏せの姿勢で待てるようになったことは、とても大きな成長です。


関連記事

  1. P/L:トナ君。

  2. P/L:スフレちゃん。

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. トレーリンググループレッスン。

  5. P/L:メアリーちゃん。

  6. P/L:タンゴ君。

  7. P/L:トナ君。

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031