P/L:ごん太君

午前中にカウンセリングを受けて頂いたごん太君の現状の確認と今後の対処に関して、早速、夕方からのお散歩でのトレーニングを行いました。

飼い主さんのお話しですと、お散歩のスタート直後は引きは強いものの落ち着いて歩ける時間もあるようですが、ある地点を越えるとわき目もくれずに引っ張るようです。
まるで結界でもあるような動きのようですが、実際に、その地点での反応を見てみると普通の裏通りですが、ごん太君の引き方やボディーランゲージを見ると、何かの目的に対して強く引いているのではなく、その特定の場所から逃げたい一心で引いているようです。

これは、飼い主さんが気付かずにごん太君が何か恐怖心を感じる出来事を一時的に経験し、それが悪い印象で残っているようです。その他にも、爆音を出すバイクや、急に動き出す自転車に対して過敏に反応する場面も見られました。

単に臭い嗅ぎや他の犬に対しての強い興味というよりも慣れない音や初見のモノなどへの適応能力が少し経験不足のようです。時間をかけて、その場所付近からトリーツを与えながら近づくなどイメージを改善する方法など、その状況に合わせた飼い主さんの対応を学んでいきましょう。特に怖がりなタイプの場合は、じっくりと時間をかけて視線・耳の動き・呼吸・トリーツへの意識と食べる強さなどを確認してごん太君のメンタルの波を把握できるようにしていきましょう。

ただ、この月齢ならではの好奇心から引きが強くなる場面もありますので、傍で歩くコマンドの「ゆっくり」を教えながら、飼い主さんはごん太君に歩調を合わせずに、飼い主さんの速度にごん太君が合わせるように教えていきましょう。

アテンションなどへの反応も刺激レベルが高くなればなるほど、大切になりますのでご自宅でのトレーニングのステップアップを屋外で行うようにして下さい。


関連記事

  1. P/L:ハル君

  2. P/L:レオン君。

  3. P/L:アメリちゃん

  4. パブリックアクセステスト・トレーニング

  5. P/L:花音ちゃん。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  8. P/L:トナ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31