オビディエンスグループレッスン。

今日のオビディエンスグループレッスンは、ブルース君&リンゴスターちゃん・プーちゃんんも個別課題への取り組みです。

ブルース君は、脚側停座の位置を正しいポジションに停座できるように日頃のトレーニングをお願いしていました。前回よりも改善は見られますが、指導手の体も斜めのままで脚側停座は、ブルース君の意識が斜めのままですので指導手の肩の位置が真っ直ぐになっている状態で、正しく停座できるようにしていきましょう。
脚側行進のスタートは、前回のレッスンから良い反応でしたが、今日もアイコンタクトの持続時間が長くなってきています。今後は正しい動きをタイミング良く誉める事ができないと、また以前と同じような脚側行進になりますので注意して下さい。
招呼は呼ばれるタイミングを先読みしますのでランダムにコマンドを出す事で集中力は持続できます。伏臥はスピード感のある伏臥が出来ますのでトレーニングをしてみて下さい。立止は、まだシッカリと立てませんので正しい位置で立てるようにしましょう。

リンゴスターちゃんは、脚側行進での報酬のタイミングを先読みしています。逆に考えると指導手の出すタイミングがいつも同じ場所でパターン化しているという事ですので改善が必要です。改善後は集中力のある脚側行進ができていました。招呼の集中力は高くなっていますので現状を維持しましょう。
伏臥は実行性に問題がありましたが、今回は1声符で出来ていましたので、同じように常時できるようにして下さい。立止は、1声符でできていますが、真っ直ぐ立てていませんので引き続き修正していきましょう。

プーちゃんは、脚側停座の位置を修正していかないと脚側行進の修正につながりませんので、脚側停座を再構築していきましょう。モコちゃんの修正とは、またタイプが違いますのでモコちゃんと同じ事を行っても有効ではない事もあります。
全ての課目の理解はできていますが、意欲的に集中してできるかどうか?がポイントです。後半の課目は精度が落ちますので、ポイント圏内の精度を求めてトレーニングを組み立てる必要があります。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

関連記事

  1. P/L:スフレちゃん。

  2. ノーズワークグループレッスン ーOpen Class-

  3. Trailing Dog グループレッスン。

  4. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  5. P/L:ぽんず君。

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. P/L:ぼたんちゃん。

  8. ノーズワークグループレッスンーStep Up & Train…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。