P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

今朝のブルース君&リンゴスターちゃんのレッスンは、今までの1頭ずつのレッスンから2頭での対応についての再確認やステップアップについてのトレーニングとレクチャーです。

飼い主さんへの集中姿勢の確認

伏せて待たせた上で、もう1頭に対してのコマンドのトレーニングを繰り返しながら、飼い主さんはもう1頭の犬の集中が自分に向いているのか?を確認することが必要です。向いていない場合の、対応の仕方も覚えなくてはいけませんが、集中力が維持できる距離間や環境を考慮しましょう。

少し周りから受ける刺激に反応していますが、姿勢の維持は安定しています。この時に、飼い主さんがブルース君の動きを読み取れているかどうか?が問題です。

この後に、リンゴスターちゃんに伏せの指示を出し同じように待たせてからブルース君の元へ戻り同じようにリンゴスターちゃんの集中を観察します。

停座位置に戻ってから脚側停座のコマンドを出す際のタイミングやブルース君の集中を確認しながら進めていかないと先読みが優先してしまいます。

集中ができているので、脚側停座への反応も素早くポジションもOKです。リンゴスターちゃんの飼い主さんへの集中も維持できています。

同じように脚側行進で進む場合に、必ず脚側行進であることが重要ですので、ただ歩行する動きはさせないように注意して下さい。

このように馴れた環境であれば、かなりトレーニングレベルを上げたコマンドの実行性は維持できていますが、初めての場所や飼い主さんの意識が2頭に向いていないシチュエーションでは、このようなコントロール下で動くことが困難になるようです。トレーニングで学び理解した事を、如何に日常に活用できるか?が、コマンドの安定性に結びつきますので再確認しながら、1つでも2つでも構いませんので一貫性のある対応を目指してみて下さい。2頭のコマンドの理解が進み、飼い主さんが2頭に着いていけていない状態ですので是非、再確認して現状を打破していきましょう。

 


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. P/L:トナ君。

  2. P/L:モコちゃん。

  3. プライベートレッスン:ローキーちゃん。

  4. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  5. P/L:マフィン君。

  6. P/L:ジャスミンちゃん&バジル君。

  7. P/L:ライス君。

  8. P/L:ジャスミンちゃん&バジル君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031