P/L:トナ君

今朝のトナ君のレッスンは、オビディエンストレーニングです。現在の課題への取り組みの中で「出来ていない事」と「出来ている事」の確認や今後の精度向上に向けて必要な事について実践トレーニングを行いました。

脚側停座での集中力の持続は引き続き大きな課題の1つですので課目トレーニングだけではなく環境刺激の高い中でのピンポイントのトレーニングが必要です。ターンの遅れに関しては、脚側の際の集中をとぎらせないようにして同調性を高める必要があります。リードでコントロールするだけでは同調性は安定しませんので確認しなければいけないポイントを指導手が再認識してください。左屈折の同調性が改善されているポイントの一つですが、その後の直線での遅れが課題です。課目の理解は問題ありませんので精度や速さを身につける為には、指導手への集中が全てです。頑張ってください。


関連記事

  1. P/L:クマタソ君

  2. P/L:ルーク君

  3. P/L:レイちゃん&テンちゃん。

  4. JKC 2022 秋季訓練競技会

  5. トレーリングセミナー。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. C/L:陽君

  8. P/L:パコ君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31