オビディエンスグループレッスン。

今日のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、ブルース君&リンゴスターちゃん・ローキーちゃん・ たんぽぽちゃんです。

正しいタイミングで誉める

ブルース君の最近の修正ポイントである脚側停座へのスムーズな移行に関しては、指導手の考え方を柔軟にして行なわないとブルース君には理解できません。また誉めるタイミングが、パターン化されていますので本来の「誉める」というブルース君に対するニンゲン側の嬉しい気持ちが伝わらなくなっています。脚側行進もブルース君の意識は、以前よりも高くなりアイコンタクトも維持できているのですが、指導手の必要以上の意味をなさない誉め言葉が持続時間を延ばすための邪魔になっています。ブルース君の理解を混乱させずにシンプルに伸ばすためには指導手側の理解と、犬の先を読む予測能力が必要不可欠です。

 

修正は強化よりも丁寧に

リンゴスターちゃんの前回のレッスンは、ここのところ低下してきている集中力や意欲の強化やコーナーとターンの動きの修正でした。今回も、同じように強化ポイントと修正ポイントを理解してトレーニングをして頂きたかったのですが、指導手の中では、2つポイントが混在していますので、強化しなければいけないポイントと修正ポイントの区分やトレーニングの組み立てをシッカリと確認して取組んで下さい。特に修正ポイントは、丁寧に自分の動きも確認しながら行なわないと様々な無意識な手の動きや肩の動き、視線などがリンゴスターちゃんの動きに影響を与えます。指導手自身の動きが正しくないのにリンゴスターちゃんの動きを修正することはできませんので再確認して下さい。以前からの「立止」の修正も、段階的に進めないとリンゴスターちゃんの理解の進捗状況を確認できないままになります。トレーニングの方法は1つではありませんので工夫をしながら取組むことが大切です。

「待て」の活用でオーバーランを防ぐ

ローキーちゃんの以前からの課題である呼び戻しの精度に関してのトレーニングは、現在の認識や修正ポイントを確認しながら進めてみました。ローキーちゃんの場合の呼び戻しの強化に関しては、全く理解していないという事ではなく、犬種的な特性でもある鳥に対してのロックオンやポイント・フラッシュングという一連の本能的な動きに対して、コマンドを優先させる為のものです。現在でも鳥に対してダッシュをしても「Come」で戻りますが、オーバーラン状態や、コマンドを理解していても、本能的な動きが優先される時間が多く感じられます。そこで、以前も一時的に導入を考えましたが「Come」を優先させることを先行しましたので、あまり強化するまでに至らなかった「待て」のコマンドを導入して一旦、動きを止めることを取り入れます。元々、ポイントする際にはフリーズ状態で動きを止めますので、このコマンドの姿勢は問題ないのですが、その際の意識が、どこにあるか?です。レッスンでは、カラスやハトをターゲットにしながら、コマンドの精度と意識の方向を確認しました。「待て」のコマンド自体の強化トレーニングはお散歩の中でも充分にできますので、一旦停止から「Come」で呼び戻せるようにチャレンジしてみて下さい。

 

選択肢は1つだけをシンプルに教える

たんぽぽちゃんの最近のレッスンは、本当に根気と我慢が必要で、あまり楽しさや著しい成長を感じられる内容にはなっていませんが、確実に変化が見られるようになって来ています。特にレッスンを開始してからたんぽぽちゃんの「我」よりも「気づき」に気持ちが変化するまでの時間が非常に短くなり、「気づき」の姿勢の維持時間も延びるようになってきました。今日は、あえて刺激レベルの強弱を繰り返しながら、どこのポイントが刺激レベルが高いのか?または低いのか?を確認して頂いた後に、低いレベルでは、どの状態が誉めるべきポイントなのか?同じく高いレベルでは、どの状態が誉めるべきなのか?または、報酬を与えるべきなのか?を指導手が認識できるように進めさせて頂きました。その一連の流れで、現在の指導手がたんぽぽちゃんに合わせてしまう大きな原因の行動も無意識の中で表現されていましたので、良い改善の切っ掛けになったと思います。どうしても、トレーニングの中で結果を求めるあまりに陥りがちなニンゲン側の無意識な行動である「成功させて終わらせたい」という偏った捕らえ方をする対応は、本来求めるべき1つだけの選択肢を複数の選択肢に増やしてしまい選択権させも犬に譲ってしまうことになります。結果的には、今までのトレーニングの過程や次への気づきや学びとして構築されませんので、たんぽぽちゃんの頑張りを結果にしたいのであれば、指導手の考え方の切り替えを身につけていきましょう。

関連記事

  1. P/L:マロニー君。

  2. ノーズワークグループレッスン。

  3. P/L:マイル君&チコちゃん。

  4. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  5. オビディエンスグループレッスン。

  6. P/L:モコちゃん。

  7. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  8. 捜索要請

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031