P/L:プリモ君

今日のプリモ君のレッスンは、関係性を構築する上で必要なアテンションやアイコンタクトを伴う「Sit」のコマンドへの実行性と呼び戻しの実行性を安定させる為のトレーニングを行いました。

アテンションに対しての反応は、その時々で違いますので安定した反応を引き出せるように無暗に呼びすぎないように注意しながら必要な時に適切なタイミングで誉めてあげるようにしましょう。

呼び戻しの「Come」に関しては、日頃から「Come」でゲージに入れるなどプリモ君にとっては、傍に近寄りたくないコマンドになっています。抵抗感も強くコマンドを無視する傾向が見られます。

飼い主さんがプリモ君に合わせる動きが多い為に、プリモ君は好きなように行動します。その行動に着いて行くような対応を繰り返すと、更に飼い主さんへの意識も弱まりますし期待感を持って飼い主さんを見上げるようにはなりません。また「誉める」という表現は「撫でる」という行為とは切り離してください。心から誉めれるように飼い主さんの対応を学ぶようにして下さい。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. with sarada 113th Yokohama-School。

  3. トレーリンググループレッスン。

  4. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  5. P/L:Beeちゃん

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:ルイジ君。

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930