オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、レティーちゃん・モモちゃん・ウィル君です。それぞれのステップアップトレーニングと課題修正トレーニングに取り組んで頂きました。

レティーちゃんは、脚側行進の集中力の維持が少し低下していますのでトレーニング環境を確認しながら現在の基準を再確認しながら進めて下さい。伏臥の実行性は、今朝の状況では安定していましたので実行性に重きを置いてトレーニングを組み立てて下さい。その場での伏臥の指導手の視線は、とても理想的ですがレティーちゃんの伏臥に対しての反応が確認できない時もありますので工夫していきましょう。行進中の伏臥は最小の視符で実行できていますので、この反応が安定するように今後も進めて下さい。課目の進行に関しての「間」のとり方は常に考慮してください。


モモちゃんは、脚側行進の右屈折とターンの動きのチェックを行いましたが、以前よりも指導手への集中が維持されている分、タイトに同調できるようになってきています。まだ改善の余地はありますが、モモちゃんの視線がどこを向いているのか?がポイントですので今後も修正を進めていきましょう。課目終了時の脚側停座は、視符をタイミング良く出すことで正しいポジションへの停座が出来ていますので引き続き視符を活用してポジションを安定させてください。立止は修正トレーニングの成果が出始めていますので引き続き紐付きでの立止のトレーニングを継続してください。


ウィル君は、前回のレッスンでも指摘させて頂きましたが、指導手への集中やコマンドに対しての実行性が不安定です。求められるのは、スピード感ですのでトレーニングレベルを下げたトレーニングをした場合には、このスピード感が基準に達していなければいけない事を必ず確認してください。脚側行進の姿勢や視線の方向は、本来のウィル君の動きから比較すると50%以下の状況です。湿度が高いからとはいえ、コマンドに対しての不服従傾向も出ていますので日頃からの実行性や先読みをさせない工夫が必要です。脚側停座のポジションが、ズレ始めています。要因はトリーツの与え方にありますので安易な与え方はせずに必ずポジションを確認して真っすぐな脚側停座を強化してください。


関連記事

  1. P/L:獅子君。

  2. P/L:メアリーちゃん。

  3. P/L:くう君。

  4. P/L:花音ちゃん&ゴロウ君。

  5. P/L:ウィル君

  6. P/L:ぽぽ君。

  7. P/L:タンゴ君。

  8. P/L:大豆君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930