with sarada FIELD School

本日のwith sarada FIELD Schoolに参加されたのは、リリアちゃん・クーちゃんの2組2頭です。



オビディエンストレーニング

クーちゃんは、CDⅡの課目トレーニングを充分にできるレベルになってきています。脚側行進の集中も以前よりも高まり距離が延びていますので今後は左屈折の動きをスムーズにできるようにしていきましょう。ターンの動きはタイトですが、課目終了時の脚側停座の精度が安定していませんので脚側停座のポジションの認識を高めて下さい。招呼・伏臥・立止の課目に関しては、概ね実行性が安定してきています。行進中の伏臥と停座も視符を出してはいますが、コマンドへの反応も速いですのでステップアップをしていきましょう。自由選択課目もいくつかのバリエーションを持っていますし、新しいコマンド理解も進んでいますので必ず脚側停座から始まり、脚側停座の終わるようにする事と、コマンドの「間」の取り方に気を付けて下さい。フライングディスクは、ハードな素材のディスクに対しての意欲の強化を進めていますが、徐々に進めながら意欲を維持させて楽しく行うようにして下さい。


リリアちゃんの「つけ」のコマンドのトレーニングは、紐付きで進めますが紐なしでも同じポジションを意識できるようにして下さい。その為には、トリーツを使う手は左手にしていく事が必要です。誘導する際の動きは以前よりも上手になっていますし「座れ」のコマンドへの反応も速くなっています。「伏せ」は正面では真っすぐ伏せる意識は出来ていますが、脚側停座の際の「伏せ」は後肢が崩れてしまいますので改善をしてみて下さい。「立って」は新しいコマンドとして教えてみましょう。ロープなどで遊ぶ場合の、リリアちゃんの意欲は、とても高くなっていますが、レトリーブができない状況です。これは日頃の遊びの中でも飼い主さんがリリアちゃんを追いかけたりする事で、レトリーブよりも追いかけっこへの意識が高まっているからです。ロングリードを使いながら「持って来て」のコマンドを無視させずに100%飼い主さんの元へ持ってくるようにトレーニングをしてみて下さい。刺激が加わっている中でも呼び戻しには反応できるようになっていますので、今後も強化して安定させてください。


トライアルゲーム

今日のトライアルゲームは、頭数も少なかったことや2頭共に呼び戻しには自信のあるペアでしたので呼び戻しのタイムトライアルを行いました。最後は脚側停座で時計が止まるルールです。


順位犬名タイム
1位クー3″50
2位リリア3″92

やはり接戦になりましたが、0.4秒の差でクーちゃんの優勝となりました。おめでとうございます。

※最近、カメラの調子が悪く現在修理に出しております。その間、以前のカメラを使用していますので画質が安定しませんがご了承ください。


本日のスクールの様子は、インスタグラムでもご覧いただけます。

関連記事

  1. with sarada 148th Yokohama-School

  2. with sarada FIELD School

  3. with sarada 118th Yokohama-School

  4. with sarada FIELD School

  5. with sarada 144th Yokohama-School

  6. with sarada FIELD School

  7. ー お知らせ -

  8. with sarada 146th Yokohama-School

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031