ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

本日のトレーナークラスに参加されたのは、トレーナー4名とあんなんちゃん・晴れちゃん・テン君・ぶんた君・グート君の5頭です。 今回は、ブラインドでのセッションを進めながらペアごとに告知姿勢の維持とステップアップについて考えてみました。

あんなんちゃんは、少し疲れもあるようでスタートからの動きに精彩を欠きましたが、シッカリとハイドからのセントコーンには反応ができています。告知姿勢に関しては、ハンドラーからの報酬のタイミングを体感で覚えている事などからハイドに一旦到達しても少し距離をとる動きが固定化されているようです。改善には、到達時に早目に報酬を与えるタイミングを繰り返しながら無理なく延ばしていきましょう。


晴れちゃんは、入口から屋外への意識が強く、いつものセッションでは最初のセッションで集中が出来ない事が多く見られていましたが、今回は切り替えができるようになり捜索への集中ができていました。後半は、少し疲れも見え捜索時間が非常に長いセッションとなりましたが、最後まで探しきれていたことは素晴らしい成果です。告知姿勢は、以前からシッカリと静止できていますので今後もステップアップしていきましょう。


テン君は、スタートの際の意欲をあまり表現しないタイプですが、捜索はきっちりと効率よく結果を出します。ハンドラーの捜索エリアの判断が正しくない場合は、その分、テン君に負担となりますので先入観念でのエリアの判断はせずに、テン君の能力を最大限に引き出せるハンドリングを目指しましょう。告知姿勢は今後のステップアップを進めてみて下さい。


ぶんた君にとっては、屋外からの人の声や人影など一番苦手な環境の中でしたが、シッカリとハイドへの反応と認識がとれていたことは、とても大きな成長を感じます。環境からの影響で、いつもよりも少し戸惑いながらの告知の様子が多く見られましたが、以前のぶんた君であれば確実にクレートに逃げ込んでいた事でしょう。しかし今は捜索に対する強い意欲と使命感を持ち最後まで探しきれていたことは何よりも素晴らしい成果です。告知姿勢も無理なく延ばしてください。


グート君はスタートから高い意欲で素晴らしい捜索を見せてくれます。ハイドからのセントコーンへの鋭い反応は高い集中力が無いとできない事ですので、スピード感がありながらも嗅覚を最大限に活用して集中した捜索ができている証です。ハンドラーのハンドリングスキルがもう少し高くなると、更に良い捜索ができますので捜索エリアの区分などを工夫しながら効率の良い捜索を目指してみて下さい。告知姿勢は、精度が高くなっていますので少しでも静止時間を延ばせるように報酬のタイミングを工夫してください。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  3. NWP:ミーナちゃん&かん太郎君-Odor-

  4. P/L:モモちゃん&レティーちゃん。

  5. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  6. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  7. NWP:プーちゃん

  8. NWP:ミーナちゃん&かん太郎君-Odor-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031