ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

本日のトレーナークラスに参加されたのは、トレーナー5名とグート君・ぶんた君・あんなんちゃん・ライズ君・テン君・晴れちゃんの6頭です。 今回は、アロマステージの導入セッションを実際に初めてのペアに対してどのように進めるべきか?の実践トレーニングを行いました。

ペアリングからステップアップをしてハイドの認識を高めながらアラートの告知動作の強化なども進められるように、いくつかのシチュエーションに対してのアプローチを考えながら進める事ができました。また過去の導入の動画を参考にして頂き、犬の反応やハンドラーへのアドバイスなどについても再確認をして頂きました。


後半のセッションは、サーチをするペア以外が設定を考え、ブラインドでの捜索をして頂きました。気温と湿度の上昇などからいつもよりも捜索精度にバラつきがあったように感じます。

グート君は、スタートから意欲的な捜索ですが、捜索速度が速すぎてしまいハイドの特定に少し時間を要してしまう場面も見られました。しかし、告知動作も安定しますし、ハンドラーからの信頼性も高いようですので次回は、もう少し様々なバリエーションの設定にチャレンジできるようにしていきましょう。


ぶんた君は、脚の調子が悪いこともあり、いつもよりも集中が散漫になり他の誘惑臭に対しての反応が多く見られました。設定レベルを基礎に戻しながら達成感のあるセッションで終わることができましたが、告知の際の静止時間も今後はステップアップしていきましょう。


あんなんちゃんは、最初のセッションから難易度が高くトリッキーな設定へのチャレンジとなり、捜索時間が長くなりましたが諦めることなく集中力を切らさずに最後まで捜索ができていました。ハイドの特定の際の距離間が少し出ていますが、ハンドラーからの報酬のタイミングを再検討してあまり早いタイミングで報酬を与えないように考えていきましょう。


ライズ君は、鼻の使い方も上手でセントコーンに対してのシンプルな反応は、見ている者に対して臭いの流れを視覚化してくれる程の動きです。ただ、ハイドへの意欲が高い場合は、スクラッチが出やすくなりますし、ハイドからの距離のある設定で臭いが薄くなると、諦めてしまう傾向も見られます。基礎段階の告知の強化トレーニングを含めて精度を向上させていきましょう。


テン君は、非常に安定した捜索スタイルが固定化されてきています。今日のセッションでは、珍しく残留臭への強い反応などがあり、いつものような確率の高い告知ではなくなっていましたが、後半は、臭いに対しての反応が安定していました。上からの臭いの流れに対して反応も分かり易いですが、インドアならではの難しさもあり少し時間を要していましたが1つ1つのエリアを丁寧に捜索できる感覚は、今後も引き続き安定させてください。


晴れちゃんは、どうしても最初のうちは屋外が気になり捜索に専念できていませんが、スイッチが入ると非常に高い意欲で安定した捜索ができています。告知の静止姿勢も長くなり分かり易い告知ですので今後も現状を維持しながら進めていきましょう。上からの設定では、セントコーンを捕りきるまでに少し時間を要しましたが最後まで良く出来ていました。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  3. ノーズワークトレーナークラス

  4. NWP:ミーナちゃん&かん太郎君-Odor-

  5. NWG:-Odor-

  6. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  7. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  8. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930