オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、トナ君・大和君・パコ君です。ペアごと課題の確認やトレーニングを進める上での改善点についてのレクチャーと実践トレーニングを行いました。

トナ君は、脚側行進の集中を高める際の対応を考えながら遅れが出ないようにしていきましょう。特に速歩の右屈折の遅れが、その後の脚側停座までの動きに影響しています。その場での伏臥と立止の課目は、指導手の視線が普段の練習との違いがありますので普段の練習の際の指導手の姿勢や間のとり方を工夫してください。


大和君は、前回よりも脚側行進への意欲が出てきていますが、スタートから意欲的な脚側行進ができるようにしていきましょう。課目開始時や終了時の脚側停座が、以前から安定していませんので停座の強化をしていきましょう。


パコ君は、課目全般に安定感はありますが、課目終了時の脚側停座の位置が少し不安定ですので最後の停座の精度を上げる事で全体的な評価も変わります。行進中の伏臥は、まだコマンドに対しての反応速度が緩慢ですので素早く伏せれるようにしていきましょう。物品持来は、1歩ずつ強化されてきていますがトレーニングの方法を良く考えるようにしていきましょう。


関連記事

  1. P/L:マグ君

  2. ノーズワークグループレッスン

  3. JKC2023春季訓練競技大会

  4. P/L:ウラ君

  5. P/L:カノアちゃん

  6. P/L:スピカちゃん

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. P/L:たんぽぽちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031