P/L:たんぽぽちゃん&大和君

今日のたんぽぽちゃん&大和君のレッスンは、オビディエンストレーニングを行う上で、多頭飼いならではの難易度の高い環境下でのトレーニングの進め方にチャレンジして頂きました。

日頃の生活の中で少し不便を感じる動きがあり、その要因を考えた時に飼い主さんが思い出されたのはアテンションの振り分けだったようです。日常では、1頭を呼んだ際にもう1頭が来ても誉める行為を無意識に続けると、1頭ずつのアテンションは、あまり意味を持たなくなります。こうなると、1頭をクレート待機にして、もう1頭とトレーニングをする方法が、スタンダードになりがちですがアテンションの理解にはつながりません。

2頭共に、空気感もトレーニングモードも良く理解していますので、アテンションの振り分けのトレーニングでは、必ず正解を導き出せるようになっています。これは飼い主さんの気持ちも同じようにトレーニングモードになっていますので良い結果が生まれます。

では、今日のレッスンで更にステップアップしたシチュエーションを設定すると、どのような動きになり、どこでどんな反応をするのか?の確認と、どれだけ指導手側が犬を見極められていないのか?を体感して頂きました。

1対1でオビディエンストレーニングをしていない犬は、センターで待機をし自分の順番が来るまで待つことを指示されます。トレーニングをしている犬に対しての集中と待機をしている方の犬への観察力の両方を持ち合わせてトレーニングをすることは、指導手にとっても非常に難易度が高い設定ですが、このスタイルが出来るようになると、今以上にそれぞれの犬の指導手に対しての集中力や期待感が変わってきます。是非、これからも様々なシチュエーションを見つけてチャレンジしてみて下さい。


関連記事

  1. P/L:いちごちゃん。

  2. P/L:エマちゃん

  3. P/L:ウィル君。

  4. P/L:いちごちゃん。

  5. P/L:三太君。

  6. P/L:スフレちゃん。

  7. P/L:ミクちゃん。

  8. P/L:ブランシュちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031