P/L:リリアちゃん

今日のリリアちゃんのレッスンは前回のレッスンの復習とステップアップトレーニングです。「座れ」「伏せ」「待て」「アトヘ」などの前回のレッスンで行ったトレーニングはご自宅の環境では出来るようになりつつあるようです。

今日は、ご自宅以外の環境下での実行性を確認しながら今後のステップアップをどのように考えるべきか?をお話ししながら実践トレーニングを行いました。

「座れ」は「座り続ける」という意味でトレーニングをしていきましょう。そして「解除のコマンド」を理解させて、解除されるまで座り続けることを教えますが、この際のトリーツの頻度や誉め言葉などがとても大切なポイントです。

トリーツの与え方にもアイコンタクトとの関連性を高めながら与える事が必要ですので飼い主さんの手を追いかけるような与え方あにならないように注意してください。また「報酬」は「トリーツ」だけではなく「解除のコマンド」で「自由に動ける」という事も報酬になるということを理解してください。

「おいで」の呼び戻しでは、トリーツを見せびらかして呼ぶことは避けて下さい。この方法を固定させてしまうと、常に取引状態になり賄賂での関係性が強くなりますので、犬との正しい信頼関係を築けなくなります。

しゃがんで手を叩けば戻ってきますので、直近で立ち上がることで自然にお座りの姿勢になり呼び戻しが完成します。この姿勢になったら、誉めながらトリーツを与えるようにする事で「おいで」を理解します。

「伏せ」のコマンドは、現在誘導での姿勢の理解でしたので、手の動きで姿勢を自主解除してしまっています。「伏せ」のコマンドの姿勢を理解させアイコンタクトの姿勢でトリーツを与えられるようにしていきましょう。

後ろ脚の崩れなど改善点はありますが、今の段階は「伏せ」で伏せる姿勢ができることを最優先にトレーニングをしてみて下さい。

オモチャでのレトリーブについては、飼い主さんがいくつかのことを勘違いされているようでしたので、現在の課題である、「咥えると逃げる事」と「咥えると離さない」の2点について改善する方法を遊びの中からトレーニングをしました。

飼い主さんの知識と技術に自信と確信があると簡単な事なのですが、方法を知らないとリリーちゃんに振り回されてしまい本来のレトリーブではなく追いかけっこになり日常生活の中では、不用意に咥えさせて逃げた結果、靴下などの「誤飲」につながる危険性もありますので改善していきましょう。


関連記事

  1. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  2. P/L:ローキーちゃん。

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:ウィル君。

  6. with sarada 109th Yokohama-School。

  7. トレーリンググループレッスン。

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031