P/L:エルサちゃん&アンナちゃん

今日のエルサちゃん&アンナちゃんのレッスンは、FIELDにて基本的なコマンドのトレーニングやトレーニングを進める上での飼い主さんの注意事項などについて実践トレーニングを行いました。

現在の飼い主さんのトレーニングの方法で改善をしなければいけないのは、トリーツを見せてコマンドを出すことはやめましょう。トリーツはあくまでもコマンドに従った報酬として与えるべきで、トリーツが先行してしまうと賄賂としての意味合いが強くなり、ニンゲン側に主導権は無くなります。

あんなんちゃんは、落ち着きが無く「お座り」のコマンドで静止していることができていませんので本日のトレーニングで行ったように姿勢の持続ができるようにしていきましょう。「待て」は「お座り」のコマンドの理解が進んでからステップアップしていく事がベストです。また呼び戻しも、飼い主さんが「アンナちゃんを捕まえる」という行動ですので、どちらかというと逃げる行動の方が強くなっていますので、飼い主さんの傍に戻るようにトレーニングをしていきましょう。クレートでの無駄吠えは、クレートに馴れていない事もありますが、今までは吠えれば出してもらえていますので、習慣化された吠えです。クレートトレーニングを基礎から行い大人しく待機できるようにしていきましょう。

エルサちゃんは、アンナちゃんよりも飼い主さんとの時間が長いこともあり、よりトリーツの先行された方法ではないと動かなくなっています。いつまでも釣り餌の状態で何かをさせる癖をつけてしまった事で、ニンゲン側は「この犬は頑固だ」という表現をしますが、実は頑固ではなく「従わないで動かなければ、そのうちトリーツが出てくる」という学習が成立しているので犬は「動かない」を選択します。本来は「動く」=「トリーツ」ですが、その全く逆の学習が成立し長い時間をかけて強化されています。ただ、エルサちゃんの理解力はありますので飼い主さんが正しい対応をすることで改善できます。

「お座り」や「待て」のトレーニングも飼い主さんがコマンドの意味や、どのように教えるできか?を理解した上でトレーニングを進めなければ、犬は正しく学んでくれません。今後も焦らずに丁寧にトレーニングをしてより良い関係を目指していきましょう。

関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. P/L:ヴァイス君。

  3. P/L:ウィル君

  4. P/L:ミクちゃん。

  5. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  6. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  7. P/L:ひすいちゃん。

  8. C/L:湘君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031