P/L:スピカちゃん

今日のスピカちゃんのレッスンは、前回のレッスンでトレーニングをした「サイド」のコマンドの実用性についてのレクチャーと今後のステップアップについてのトレーニングを行いました。また現在スピカちゃんが理解しているコマンドについて、実際に飼い主さんにコントロールをして頂きながら、改善すべき点などを確認して頂きトレーニングを進めました。

現在のコマンドに関しては、飼い主さんが理解していると考えられるコマンドと実際にスピカちゃんが理解している動きに少し誤差があるようでしたので、お互いの接点を見出しながらも飼い主さんのコマンドを優先できるようなベースづくりを行いました。

コマンドは姿勢の維持を理解させることだと言う事は飼い主さんは理解していらっしゃいますが、その方法を更に納得できるものにしてスピカちゃんにも伝わり易くすることが大切です。「Sit」「Down」「Come on」などのコマンドも、飼い主さんとの距離間が目立ちますので、もう少し飼い主さんの直近で行動できるようにしていきましょう。

特に呼び戻しの際のスピカちゃんの飼い主さんとの距離間を埋める作業をするだけで「Sit」を使わなくても自発的に座れるようになります。

「サイド」のコマンドは飼い主さんのトリーツを与えるポイントでスピカちゃんのポジションが変わることは前回のレッスンでご理解いただきましたが、誘惑刺激が加わる場合でもコマンドを持続できるかどうか?は、また次のレベルになります。現在の基本的なトレーニングの中で、姿勢の持続をシッカリと身につけながらステップアップしていきましょう。

「Stay」のコマンドが出ると「Down」してしまう事の改善やアテンションに対してのアイコンタクトの連動など日頃のトレーニングで改善できる点は多くあります。ボールのレトリーブも、追いかけっこを仕掛けてくるスピカちゃんに、飼い主さんが付き合っていますので、レトリーブとしてのコマンドを安定させるようにしながら遊んでみて下さい。

飼い主さんのコマンドへの理解が変わると、スピカちゃんの動きや理解にも変化が表れます。刺激の有無でも実行性は変わりますので色々なシチュエーションを経験しながらトレーニングを楽しんで下さい。


関連記事

  1. P/L:大和君。

  2. with sarada 121th Yokohama-School

  3. P/L:麦ちゃん

  4. P/L:トナ君。

  5. P/L:ブランシュ&ビオラ。

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. P/L:ルカ君。

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031