P/L:ミルク君

今日のミルク君のレッスンは、前回のカウンセリングレッスンを踏まえて、本格的に現在の課題への対応や新しいコマンドの強化トレーニングへの取り組みです。

現在の理解している「お座り」と「待て」のコマンドについては、本来のコマンドの意味を再確認して頂きながら、足りない部分を埋めていきましょう。特にコマンドはスタートであり姿勢の維持が本来の意味ですので、これから新しく教えていく「伏せ」「立って」などについても同じように考えていきましょう。またクレートトレーニングも今までトレーニングをした経験はあるようですが、途中で断念しています。

現状のトリーツの活用方法や与えるタイミングなどが、本来のセオリーとは逆の発想になっている点などがありますので、飼い主さんの考え方を、もう一度リセットしてトレーニングの進め方を考えていきましょう。

「伏せ」のコマンドをトレーニングは、初めてのコマンドの導入でしたが今日のレッスン内で姿勢の理解は出来てきたようです。

最初の段階では、トリーツを持っている手を追いかけさせて姿勢を教えますので、姿勢を維持できませんが、後半は、飼い主さんにアイコンタクトをしたまま伏せの姿勢が維持できていましたので、シッカリと誉めて伏せの姿勢の維持を教えて下さい。

お散歩の際のストライキに対しての対応は、現在の方法ですとストライキが強化されますので、飼い主さんがリーダーシップを発揮して、ミルク君が飼い主さんに同調して歩いたらシッカリと誉めてあげるようにしていきましょう。

主導権が飼い主さんにあることを理解すると自然にミルク君の視線も飼い主さんを見上げるようになりますので、誉めるタイミングも多くなるはずです。

吠えに関しては、ご自宅ではテリトリーを主張し、侵入者を排除しよとする意味の吠えのようですが、今回のようにFIELDの空間を認識すると、そこに入ってくる人に対しても同じような反応が見られます。怖いものに対しても吠えは出ますが、今までの対応で吠えることを強化されてしまっている様子も見られますので現段階で改善をしていけるようにしていきましょう。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  3. C/L:ウラ君

  4. P/L:ブランシュちゃん。

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:プリモ君

  7. P/L:アメリちゃん。

  8. P/L:たんぽぽちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031