ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

本日のトレーナークラスはインドアでのアロマステージのセッションを開催しました。参加されたのは、トレーナー5名とあんなんちゃん・グート君・ライズ君・テン君・晴れちゃん・ぶんた君の6頭です。

今日のテクニカルセッションでは、アラートの際の告知動作であるナチュラルアラートの静止時間を延ばす為の基礎トレーニングを行い、それぞれのペアの強化ポイントなどを確認して頂きました。また前半のセッションでは、同じ設定でアラートの状況やセントコーンへの反応などの確認を行い、午後からはフルブラインドでペアごとに設定を変更して、2か所のハイドの捜索を行いました。フルブラインドの捜索では、ハンドラーの先入観から犬の動きを読み切れずに誤告知になってしまう場面も多く見られました。このご告知を改善するためには、基礎段階の告知動作の静止姿勢の強化トレーニングで信頼できるアラートと犬との関係性を構築していきましょう。


あんなんちゃんは、前回よりも捜索に対しての意欲も高くアラートの姿勢も安定しています。告知時間を延ばす為には、ハンドラーのトリーツを出すタイミングも再検証してトレーニングをしてみて下さい。ブラインドになるとハンドラーの不安感があんなんちゃんの動きにも大きな影響を与えています。


グート君は動きが速い分、アラートの静止との差が明確で分かり易いアラートになっています。体高が低いことで難易度の高い設定になってしまう事もありますが、ハイドへも意欲的ですし短い時間にハイドへ到達できています。ハンドラーのグート君の動きを観察する力も安定していますので更に静止時間と精度を高めていきましょう。


ライズ君は、前半はとても集中できていましたが後半のセッションで屋外からの刺激に反応後は、少し集中が低下していたようです。しかし、本来の高い嗅覚能力でハイドの発見は速いのですが、アラートの静止姿勢が、まだ安定していない為にスクラッチが出やすくなっています。基礎トレーニングで改善し、ライズ君の捜索スピードを活かせるようにしていきましょう。


テン君は、とても安定したアラート姿勢をとることができています。ブラインドでは、自由捜索を主体として、あまりハンドラーがコマンドを出したり場所を指定せずに、体の向きだけサーチエリアを指定できるようにしていきましょう。あんなんちゃんと同様に、ハンドラーの不安感は、とてもリンクしやすく捜索に表れますので、今以上に犬を観察する意識をハンドラーは高めて下さい。


晴れちゃんは、非常に安定したアラート姿勢で以前よりセッションは1番目でしたので、いつもブラインドですたあーとしていた経緯もあり、ハンドラーの晴れちゃんに対しての信頼度は高いようです。晴れちゃんもFIELDの環境に対しても不安感が無くなり捜索に集中できていましたので、ハイドの設定の難易度が高くても必ずクリアできていました。


ぶんた君は、アラートの際の視線が少し修正ポイントでしたが、今回のトレーニングを経てハイドへの集中も高まり、いつも以上に意欲的な捜索ができていました。ノーズワーク全体的に以前のような躊躇が無くなった分、とても積極的な捜索ですしハンドラーとの信頼関係も良いバランスです。特にノーズワークに対しての意欲の表れは、後半のセッションでもクレートからスムーズに出てきてスイッチが切り換わる点です。これからのステップアップも楽しみです。


関連記事

  1. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  2. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  3. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  4. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  5. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

  6. ノーズワークトレーナークラス-Charlie-

  7. ノーズワークトレーナークラス

  8. ノーズワークトレーナークラス-Delta-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28