P/L:ハル君

今日のハル君のレッスンは、前回のレッスンの復習とアンダーコマンドの導入とステップアップの方法などについてトレーニングを行いました。

「ついて」の脚側停座のポジションは、少し斜めになる傾向がりますので真っすぐに脚側停座をさせるようにしていきましょう。またハル君の自発性がとても大切ですので、リードコントロールを極力少なくして自発性を引き出せるようにして下さい。

「ついて」の脚側行進は、基礎段階ですが正しい姿勢で脚側行進ができるようにしていきましょう。1歩目がとても大切ですので、集中力のないスタートを切らないように注意することと正しい姿勢の持続を心がけてください。紐なし脚側行進では、まだトリーツでの誘導の段階を繰り返して、シッカリと同調できるようにして下さい。興奮せずに冷静な状況をつくりながらトレーニングをしていきましょう。

「アンダー」のコマンドに関しては、飼い主さんが座る椅子や、指示された場所に伏せの姿勢で待機できるようにする事が目的です。

どちらの方向からもできるようにしていきましょう。また現在は、誘導でかまいませんのでスムーズに指定の場所に移動して伏せられるようにしていきましょう。「アンダー」の姿勢から解除して外へ移動する際のコマンドも普段から使っているコマンドでもいいですし、新たなコマンドを設定するのも良いともいます。

ハル君の環境刺激に対しての興奮のスイッチを飼い主さんが、どのように観察し予測するか?によりハル君の本来の能力を発揮させられるかどうか?が決まります。ハル君の行動予測をシッカリできるようにしてみて下さい。


関連記事

  1. P/L:トナ君

  2. P/L:スフレちゃん。

  3. P/L:トナ君。

  4. P/L:ミーナちゃん&かん太郎君

  5. P/L:レオン君。

  6. P/L:パコ君。

  7. C/L:PRIMAちゃん

  8. JKC神奈川北スーパードックトレーナーズクラブ クラブ訓練競技会。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31