P/L:ぽぽ君。

今日のぽぽ君のレッスンは、早朝のお散歩トレーニングです。課題である車に対しての反応や他の犬や第三者に対しての吠えなどについても状況を見させて頂きながら改善に向けての対応を学んで頂きました。

逃避ではなく克服

課題となっている車やバイクに対しての吠えと突進に関しての反応は、向かってくる車両が約10m手前程度になると非常に強い反応を見せます。吠えもそうですが、飼い主さんの制御が効きませんので、命に関わる課題ですので真剣に取り組む必要があります。

飼い主さんに対しての意識は希薄ですので、限界距離を越えるとトリーツに対しての反応も極端に低下します。車との距離を冷静に判断しながらぽぽ君のメンタルの変化も理解してトレーニングを進める必要があります。この反応は、最初の反応が出た時の対応のイメージが良くなかった事も考えられますが、ぽぽ君自身の警戒心や音に対しての敏捷性などにも要因がありますので、この反応だけを改善しようとせずに日常の近隣の犬に対しての吠えやチャイムに対しての吠えなど反応の改善も含めた修正トレーニングが必要になります。

今日のレッスン内でも、行動を抑制する事だけではなく車が近づいても嫌な事が起きるわけではなく良い事が起きるように設定をすることで、一定の落ち着きがもたらされていますので、経験値を積み重ねることと共に飼い主さんの適切な対応を学び、日常の課題に取り組みましょう。

今回のような課題や他の犬に対しての吠えなどに悩んでおられる飼い主さんの場合は、問題の行動が出ないように刺激を避けて逃避するお散歩をしていますが、一生避けて生活をしなければいけない犬生を考えるとトレーニングをしながら克服する事を考えるべきで、それが飼い主さんの犬を飼う為の責任でもあります。

 

お散歩のスタイル

様々なお散歩の方法はありますが、お散歩をする事で課題に対しての反応が見られ安定したお散歩ができないことなども現在の課題です。室内でのアテンションへの反応は屋外でも安定していますので、正しいポジションで歩けている際は、飼い主さんがシッカリと誉められるようにしていきましょう。

落ち着いている時間では、とても理解力が高いですから飼い主さんの教える技術や知識を身につけて、お互いにストレスの少ない時間を過ごせるようにする事が必要です。

 


 

 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

関連記事

  1. トレーリンググループレッスン。

  2. オビディエンスグループレッスン。

  3. P/L:モコちゃん&プーちゃん。

  4. P/L:まる君。

  5. P/L:ローキーちゃん。

  6. P/L:ブルース君。

  7. P/L:たんぽぽちゃん。

  8. P/L:くう君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031