ノーズワークトレーナークラス

本日のトレーナークラスはインドアでのアロマステージのセッションを開催しました。参加されたのは、トレーナー4名とライズ君・晴れちゃん・ぶん太君・グート君の4頭です。

前回はアウトドアサーチで誘惑臭に対しての反応が顕著に見られ、本来の作業としてのサーチができていないペアが多く見られましたので今日のテクニカルセッションでは、アラートも含めた基礎部分の強化トレーニングを行い、セオリーのレクチャーでは、アロマステージを教える場合のペアリングからのステップアップの再確認とフードステージでの現在の疑問点や、アクティブな犬への対応などについてもトレーニングビデオを見ながらレクチャーさせて頂きました。


ライズ君は、告知の際のスクラッチを改善するための対応を繰り返し行いました。設定環境でのセッションとハンドラーのスキルアップが必要なセッションもライズ君の反応を観察することでタイミングの理解が進みます。ハイドに対しての反応は、とても速く正確ですので告知を安定させられるように今後も進めていきましょう。


晴れちゃんは、いつものようにトップバッターではなく2番目のスタートだったからなのか?最初のセッションは、いつものような意欲と集中力がなく、サーチエリアから離脱しようとする動きが頻繁に見られました。後半は、トップバッターでセッションを進めたところ、いつものようにサーチができていたのは少し不思議です。後半のハイドの設定で難度が高いセッションがありましたが、8分以上もサーチできている集中力は素晴らしい能力です。今後は、何番目で同じようなサーチができるようにしていきましょう。


ぶん太君は、アロマステージでの大きな成長が見られます。サーチの動きもとても意欲的ですし以前よりも集中力が維持できています。告知動作での改善点は、ハンドラーがトリーツを与えるタイミングを先読みして、ハイドへ集中が、できていない点です。ある意味、とても理解が進んでいて、どのような姿勢になれば報酬を得ることができるのか?を知っていますので、ハンドラーの報酬を与えるタイミングの精度を更に向上させることで、この課題はすぐに克服できます。またクレート待機からサーチへのスイッチの切り換えがすぐにできるようにしていきましょう。


グート君は、スタートからの集中・サーチ速度。告知動作と一連の流れに関しての精度が高くなっています。インドアでの対流によるハイドからのセントコーンへの反応や、ハイドへの到達アプローチもグート君ならではの理解力からの動きです。ハンドラーからの報酬のタイミングも、以前よりスキルアップできていますので、今後も告知姿勢の維持と信頼性の高いサーチを目指していきましょう。


関連記事

  1. ノーズワークグループレッスン-Odor-

  2. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  3. ノーズワークパーソナルレッスン

  4. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  5. NWG:ブルー君・ラニちゃん・コナ君-Food-

  6. ノーズワークグループレッスン。

  7. Nose Work FUN FRIENDS Skill up Comp…

  8. NWG:エール君・夢想君・マノンちゃん-Odor-

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031