Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

本日のRuff-Ruff主催のノーズワーク木曜日クラスに参加されたのは、ステップアップコースにあやめちゃん・エール君・リアン君・ムクちゃん・Ivy君です。

今日はインテリアサーチを中心にセッションを組み立てました。

あやめちゃんは、スタート時の集中力も高くなりサーチ時間が長くなっても途中で意欲が低下する事もなくなっています。以前は、屋外からの風の導入に反応し、ハイバリューよりも屋外からの刺激に左右されていましたが、ノーズワークを楽しめるようになっています。ハンドラーのスタート時の出し方が、少し強引ですので、集中を高めてからハーネスから手を離すようなタイミングでスタートを切れるようにしてください。


エール君は、前回の広いスペースでのノーズワークの経験以降、サーチへの意欲に変化が出てきました。またサーチの動きにも無駄がなくなり、とても効率の良いサーチができています。ハンドラーのエール君に対しての信頼性の変化も大きく影響はしています。自信が着いてきたことで、以前は怖がっていたような設定でもハイドに到達できるようになっている事からメンタルの成長を感じます。


リヤン君は、 いつもながらシニアとは思えない意欲的なサーチを見せてくれます。セントコーンの端を捕まえる動きがとても上手です。上下のハイドへの対応や屋外からの外気の影響を受ける設定でも上手に対応できていました。ハンドラーもリヤン君の動きを良く観察して、どうして到達できるのか?リヤン君は、どれだけ能力が高いのか?を動画を見て、再確認してみて下さい。


ムクちゃんのサーチ中の呼吸音は、サーチへの集中が良く分り とても大きくて尻尾はハッピーテールです。サーチも非常に効率的で、サーチ時間も非常に速いのが特徴です。ハンドラーの告知も安定していますので、やはり実力を発揮させるのは、広いスペースでのノーズワークが更に能力を開花させてくれると思います。


Ivy君は、ノーズワーク全体に安定感が見られます。ただ、エール君が意欲的な動きができている分、少し難易度が上がると、ハンドラーへの意識が高くなることがありますので、自立心の強化を今後も進めていきましょう。探しているような動作をしながら、ハンドラーにアイコンタクトをする仕草は、ハンドラーに答えを聞いているような仕草でした。元々、ハンドラーからの信頼性が高い分、サーチ時間が長くなるとプレッシャーがかかることもありますので、いつも楽しめるように進めていきましょう。


関連記事

  1. with sarada 118th Yokohama-School

  2. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  3. P/L:ゲイリー君&マー君。

  4. P/L:マル君。

  5. P/L:クーちゃん。

  6. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  7. P/L:モコちゃん。

  8. DRDN捜索基礎訓練会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30