P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん

今日のブルース君&リンゴスターちゃんのレッスンは、それぞれの課題や取り組みについてのトレーニングを行いました。

ブルース君は、前回のお散歩トレーニングで行った「待て」のトレーニングの進捗状況と「伏せ」のコマンドの実行性の確認などです。

現在は短い距離で構いませんので動かずに「待つ」ことをシッカリと理解させていきましょう。「伏せ」はトリーツでの誘導から報酬に切り替えて、ハンドシグナルで実行させてから伏臥の姿勢の際の報酬の頻度を上げて認識を高めていきましょう。

脚側停座と脚側行進の基礎トレーニングも、飼い主さんの手の動かし方を上手に行わないと正しいポジションを理解できませんので焦らずに分かり易く誘導してあげて下さい。

とても楽しくできていますので、脚側停座のポジションに座ると必ず良いことがあると言う事と徹底して関連付けていきましょう。大型犬には絶対に理解をさせておきたい大切なポジションです。

多頭飼いならではの、トレーニングですがアテンションによる個別のコントロールは中々容易ではありません。リンゴスターちゃんは経験がありますが、ブルース君は初めてですので、何を求められているのか?を理解させましょう。

呼ばれていないければ待つことを理解させる為には、通常の「待て」と同じように短い距離からステップアップしてください。最初にしては、既に理解が進んでいるように見えますが、確実にトレーニングをしてみて下さい。


リンゴスターちゃんのレッスンは、パブリックアクセストレーニング体験コースです。FIELDから駅前のコースを状況下を確認しながら歩いてみました。

とても安定して申し分ない動きもあれば、ハンドラーの対応の遅さや周りへの観察力が低下することでリンゴスターちゃんへのコマンドが速なったりする様子も見られました。また誉め言葉が少なく、リンゴスターちゃんの意識が非常に高いことを見逃している場面も多いようです。環境刺激に対しては、リンゴスターちゃんの躊躇や戸惑いがありませんので、今後も多くの刺激の中でのトレーニングを頑張ってみて下さい。


関連記事

  1. P/L:トナ君

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. オビディエンスグループレッスン。

  4. with sarada 129th Yokohama-School

  5. C/L:ジンジャーちゃん。

  6. P/L:マー君&ゲイリー君。

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031