Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ― ステップアップClass ―

今日はDogwave主催によるノーズワークグループレッスン― ステップアップClass ―を午前と午後の2部制にして北千束動物病院さんにて開催いたしました。
午前の部のステップアップクラスに参加して頂いたのは、ソラちゃん・ペン君・ハナちゃん・ころもちゃん・テンテン君・スピカちゃん・ルイちゃんの7組7頭です。午後の部に参加して頂いたの、ニケちゃん・ジルちゃんの2組2頭です。

ステップアップクラス

今回は、2回目のペアから5回目のペアまで成長段階は、それぞれのペアで異なりますが、BOXサーチからオブジェクトサーチまでのステップをハイドの数や難易度を上げたり下げたりしながら進めてみました。前回よりも意欲や集中力も延びるようになりましたが、明らかに改善されてきたのが、自分の順番を待つまでの待機の静寂です。最初の頃は、要求吠えなども多くみられましたが、今回は、本当に理想的なルーティーンに近づいてきたセッションでしたので、ノーズワークのステップアッの結果だけに留まらず、ノーズワークを行う事で、嗅覚の活性化だけではない成果が必ず現れることを実感して頂き、ご自分の愛犬の成長と評価を忘れないようにしていきましょう。

前回の初めてのノーズワークでは、環境への馴致などに不安があった為にハイバリュートリーツも欲しけれども、飼い主さんの傍に、すぐに戻りたい意識が強かったソラちゃん。シッポの表現力も乏しくナチュラルアラートの見極めも難しかった前回とは比較にならない意欲と集中力が備わってきました。ハイドに対しての臭いの捕り方も犬種ならではの理想的なとり方ができています。今回は、ハイドが自分の目線よりも上にあるという経験もできましたし、BOX以外のオブジェクトに対しても躊躇を見せずに自信のある捜索ができていました。難易度が上がり1分30秒を過ぎると、やはりまだ飼い主さんへの気持ちが強くなりますので、今後もソラちゃんのメンタルの成長を見守りながらステップアップしていきましょう。

 

ペン君は3回目のレッスンですが、最初の頃から非常に意欲が高く鼻の使い方も上手です。ハンドラーである飼い主さんもペン君のボディーランゲージを観察できるように努力をされているので他の人には分らない、独特のナチュラルアラートも発見できているようです。オブジェクトサーチへの取り組みも全く問題ありませんしステップアップも順調に進められると思います。ただ、上の設定で椅子を使う場合に、ハイバリューよりも「椅子に手をついてはいけない」というシッカリとしたマナーが優先しているようですので、次回は椅子以外の設定で上への意識付けをしていきましょう。でも、とても微笑ましい瞬間でした。

 

周りの犬が怖くてハイバリューどころではなかったハナちゃんも3回目のレッスンとなり、本来持っている捜索のセンスが徐々に開花してきたようです。あまりにも勢いが余って急ブレーキで後ろ足が宙に浮いてしまうほど意欲が高くなってきたことは、ハナちゃんのメンタルがレッスンごとに安定してきている証です。オブジェクトに対しても躊躇がありませんでしたが、初めてのシートなどの上は、まだ少し苦手なようです。BOXサーチとは違い、初めて見る対象物が多いですし真剣に鼻を使っているので捜索時間もBOXサーチよりも必要となります。そんな中でも、シッカリと結果を出せるようになっていますのでスタートの工夫などもハンドラーは考えて今後の成長を楽しみましょう。

 

最初のBOXサーチでは、前回のレッスンでのオブジェクトサーチの記憶が非常に強かったようで、BOXよりも周りの捜索がメインとなり、本来の探さなければいけないBOXが眼中に無い状態でした。ただ、セントコーンには正確に反応できる能力と機動力を持ち合わせていますのでリカバリーができていました。ステップアップのオブジェクトサーチでは、新しいアイテムにも躊躇無く捜索ができていましたが、少し難易度が上がってしまうと、まだ焦れてしまう場面もあります。集中が切れてしまうと吠える行動もでてきますが、最初のレッスンから比較すると本当に冷静な判断ができていますし環境への馴致や我慢もできるようになってきたようです。次のレッスンではオブジェクトのステップアップを進めてみましょう。

 

テンテン君も4回目のレッスンとなり、捜索自体に自信があり、持ち前の積極性も良い結果につながっています。臭いの捕り方も、とても効率が良く短時間にハイドへ到達できるようになってきました。捜索前のトイレへのハンドラーの意識も安定していますので、ミスがありません。それだけ、ハンドラーがノーズワークを理解してきたからで、その結果はナチュラルアラートへの観察力などにも現れています。スタート時の集中も以前よりもハンドラーが自信を持っていますのでテンテン君の勢いだけの捜索ではなくなっています。オブジェクトに対しての躊躇もありませんので、また次回以降のステップアップが楽しみです。

 

皆勤賞のスピカちゃんも、BOXサーチでは、BOXよりもステップアップしたオブジェクトへの意識が強くなっているようでした。前回よりも捜索全体の動きは良くなっていますし積極性もでてきています。新しいオブジェクトに対しての躊躇もありませんし、捜索エリアの広さも出てきていますので難易度が上がってもクリアできるようになってきました。ハンドラーのナチュラルアラートへの不安があるようですが、セントコーンへの反応は、とても分り易いですから落ち着いて動きを見ることが大切です。椅子の上のハイドには、ペン君同様に手を着いてはいけない事が優先されていましたので、次回の設定を考慮したいと思います。

 

ルイちゃん自身は、以前からノーズワークを経験済みで、インテリアサーチまでの経験と実力は備わっていましたので、今日はハンドラーである飼い主さんのお勉強をメインにしたセッションとなりました。最初のうちは、飼い主さんも自信がありませんので、その自信のなさがルイちゃんにも伝わり、あまり良いスタートが切れていませんでしたが、後半はナチュラルアラートも見れるようになり、スタートも自信を持って送り出せるようになっていました。ルイちゃん自信の捜索能力は、相変わらず安定していて非常に高い能力を持っていますので、ハンドラーが早くルイちゃんに追いつけるように頑張って下さい。

 

2回目のレッスンとなるニケちゃんでしたが、1回目となる前回のレッスンから集中力や捜索意欲は抜群でしたので今回は設定を考慮しながら、オブジェクトへのステップアップを経験して頂きました。前回も課題となっていたハンドラーである飼い主さんとの関係性については、捜索が大好きでセッションが終了した際に、なかなか捕まらないというケースではなく、飼い主さんの呼びのコマンドは、ニケちゃんにとっては嬉しい事が少ないコマンドのようです。ノーズワークにはコマンドは必要ありませんが、セッション終了時にトリーツで犬を確保する場合においても逃げてしまうというのは根本的な関係性の改善も目標に進めていく事は大切です。ニケちゃん自信の捜索能力はとても高く素晴らしいですから是非、飼い主さんとの関係性も、理想的なものにしていきましょう。またクレートの待機などもご自宅でのトレーニングを進めてみて下さい。

 

今回もハイバリュートリーツの選択が非常にフィットしていて、意欲的でスピーディーなノーズワークができていました。BOXサーチからオブジェクトまで行動範囲も広くセントコーンへの反応も明確です。何よりも非常に分り易いナチュラルアラートの表現ができます。後半はオブジェクトサーチの特徴である残留臭に対しての反応でも、同じような表現が出ていて、ハンドラー泣かせの場面も見られましたが、ご夫婦で、ジルちゃんの特徴を掴んだハンドリングができている事は、コミュニケーションとしては、とても理想的です。集中力の持続時間が長くなると、やはり疲れも出てきますので適度な待機時間を設定しながら、また次回も楽しくステップアップしていきましょう。

 

次回のグループレッスンの開催予定は、2018年6月24日(日)となっております。お問い合わせ・お申し込みはDog Waveへご連絡下さい。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


 

-I speak Dog too!!- with sarada

 

 

 

 

関連記事

  1. P/L:パルフェ君。

  2. P/L:ぽぽ君。

  3. トレーリンググループレッスン。

  4. P/L:ひすいちゃん&こはくちゃん&だいずちゃん。

  5. P/L:マー君&ゲイリー君。

  6. トレーリンググループレッスン。

  7. with sarada 111th Yokohama-School。

  8. オビディエンスグループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031