P/L:サニー君

久しぶりのレッスンとなったサニー君の本日の課題は、以前にも増して他の犬・スケートボードやキックボード・走る子供などへの吠えが出てきているようです。今日は、いつものお散歩コースを歩きながら現状の状況や対応についてレクチャーと実践トレーニングを行いました。

何頭かの犬や小さなお子さんにも遭遇して動きを確認しましたが、トレーニングの空気を読んでいるようで、大きな問題は表面化しません。1度だけ、飼い主さんが他の犬を撫でた際に、反応した程度ですのでサニー君自身は、吠えてはいけない事を理解はできていますが、日頃のお散歩での飼い主さんの対応に一貫性がないことで吠えても許される経験が現在の課題となっているようです。

お散歩の中にも、飼い主さんから何度かコマンドが出ますが、そのコマンドの対しての実行性が不安定ですし、飼い主さん自身が、そのコマンドに対しての基準をシッカリ理解できていない事で、実行性が不安定になっているようです。

例えば「ついて」のコマンドも、どこのポジションが正しいのか?歩行の際に、どこのポジションで歩くべきか?を再確認しながら、サニー君が、正しいポジションに自発的に動けるようにトレーニングをしてください。トリーツの与える頻度や与える位置などについても再確認しながらサニー君の理解を更に深めていきましょう。日頃からのコマンドへの実行性が向上すれば、吠えに対しての対応やコマンドの実行性も必ず改善します。飼い主さんの一貫した対応を心がけてお散歩を楽しんでみてください。


関連記事

  1. オビディエンスグループレッスン

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:トナ君。

  5. ノーズワークグループレッスン。

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:ミーナちゃん&かん太郎君

  8. P/L:ニア君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031