P/L:パコ君

今日のパコ君のレッスンは、FIELDでのオビディエンスの基礎トレーニングです。特に課目のトレーニングに関しては、高度な姿勢や動き・反応を要求されますので、指導手からのコマンドに対して従う心を育み育てる必要があります。しかし、何時しかコマンドは指導手からの本来のコマンドとしての意味としてパコ君に出ている訳ではなく、指導手からのお願いとしての意味で出ているようになっています。

トリーツの使い方も、意味のある使い方をしていかないとパコ君との取り引きになりますので注意が必要です。

紐付き脚側行進の脚側停座から脚側行進に移行してシッカリと指導手を意識して脚側行進ができているかどうか?を丁寧に確認してステップアップしていきましょう。このベースができてから紐なしの脚側行進を同じように進めていきましょう。

同じ集中力で距離を延ばしていかなければしけませんが、指導手の誉めるタイミングなどがパターン化されてしまい、本当に誉めるタイミングで誉めることができていなかったり、指示が出せていません。特に臭い嗅ぎが習慣になっている傾向がありますので、コマンドが出ているときの集中力が低下すると臭い嗅ぎになり易いですから集中を高めてください。

待機中の時間の使い方も、少しパコ君の要求が強くなり、その要求に応えていないものの何らかの反応をしてしまう為に行動がエスカレートしています。

「アンダー」のコマンドも、かなり抵抗してトリーツを出させようとする行動が目立ちます。まんまと、その行動に誘発され、トリーツが出てしまいトリーツを食べると、また動き出し、「アンダー」のコマンド出る繰り返しになります。確かに、初めてのコマンドは誘導で教えていきますが、形を理解できたならば、そのコマンドの姿勢を維持していることに対してのトリーツとしていきます。その後は、トリーツが報酬ではなく、誉められることやコマンドを開放してもらうことを報酬として切り替えていきましょう。高度な課目トレーニングの精度や実行性の向上は、このような日常の何気ないコマンドに起因しますので意識しながら向き合ってください。そして愛情を持って可愛がる事と甘やかすことは全く意味が違いますので、パコ君から期待感を持たれ魅力的な飼い主さんになるようにしていきましょう。


関連記事

  1. P/L:ゲイリー君。

  2. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  3. P/L:こはくちゃん。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. トレーリンググループレッスン。

  6. DRDN捜索基礎訓練会

  7. P/L:ウィル君。

  8. P/L:マイル君&チコちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930