C/L:ルナちゃん。

カウンセリングでお伺いしたルナちゃん(ボーダーコリー11ヶ月♀)の課題は、興奮からの飛びつきやジャレ噛みなどの改善です。高齢のご両親には、とくに行動が頻繁で、傷が絶えないということでした。

初めて犬を飼われるということもあり、犬を飼う初心者にはボーダーコリーという犬種は、能力が高い分、関係性の構築を間違えてしまうとこじれてしまう事も考えられます。しかし、幸いルナちゃん自身は、とても陽気で人懐っこい性質ですし、この犬種ならでは理解力の高さも確認できました。ただワクチンプログラムの優先から本来の社会化期での適切な社会化が不足している事に関しては、今後の生活の中から無理の無いように進める事で、適応力は十分に備わっているように感じられます。

飛びつきの課題は、現在の月齢ならでは遊びの延長やコマンド正しい理解が深まっていない事。そして何よりも、ご家族全員がルナちゃんの行動を制限し抑制することを主体に考える為に、正しい行動や判断を誉めて評価してあげる事ができていない事に要因があります。

基本となるアテンションコマンドとアイコンタクトを理解も、すぐにできますし飛びつくよりも座る事を優先させる事で、その意味も瞬時に理解してくれます。

ご両親へのアイコンタクトと、その際の誉めやトリーツの与え方など、一定のルールを飼い主さんが理解して対応する事で課題の改善は容易に進むと思います。

お散歩の際のヒールポジションなども都会で住む場合には、狭い場所や危険なゾーンを通過する場合には、必要不可欠なコマンドですので、自由を奪うのではなく安全を確保する為のコマンドと理解してトレーニングをしてみて下さい。

「私可愛いでしょ?」のアピールが強く、いつも飼い主さんには誉めてもらいたいタイプですので、良い関係性を築くためにも今まで以上にルナちゃんの動きを観察して誉める機会を増やしながら改善していきましょう。飛びつきの興奮度が「お座り」で冷静にアイコンタクトできるようになると、必然的にジャレ噛みはなくなります。適切な運動量を与えて、これからの過ごしやすい時期を楽しんで下さい。


関連記事

  1. P/L:ドンタ君。

  2. P/L:エマちゃん

  3. P/L:権三君&一二三ちゃん&零ちゃん。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. パブリックトレーニング・グループレッスン。

  6. P/L:みたらし君&おはぎちゃん&ずんだ君&おかきちゃん。

  7. P/L:ブランシュちゃん。

  8. C/L:テオ君

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031