P/L:パコ君

今日のパコ君のレッスンは、FIELDでのオビディエンストレーニングです。コマンドやポジションの精度を向上させる上で必要な指導手の動きを同時にトレーニングしました。

脚側停座のポジションは、犬種的にも胴長な為に、後肢側が斜めになったまま停座してしまう習慣が強くなりますので常に理想のポジションを確認しましょう。

ポジショニングの練習は、妥協せずに確実にポジションを確認して、1度のコマンドで正しい位置に移動できるようにトレーニングをしてください。

脚側行進は脚側停座の延長線にありますので、視線の位置を維持したまま前へ進めるようにしていきましょう。スタートの1歩目に自信がない為に、その自信の無さをパコ君に読まれています。指導手がイニシアティブをにぎり動くように考えてください。

紐付きと紐なしでは、精度も変わります。まずは紐付き脚側行進の精度を向上させ安定した姿勢を確立していきましょう。パコ君自身の動きには、その理解は進んでいますので如何に引き出せるか?です。

脚側停座が正しいポジションに停座できると、その場での伏臥と立止の課目の精度も向上します。すべては脚側停座から始まり、脚側停座に終わりますので大切にしていきましょう。

脚側停座が、まだ完全に修正できていませんので少し体が斜めになり易くなっています。特に立止の場合は、まだ前足始動ですので、1歩前へ出てきて斜めになりますので、その場で、後ろ足始動で立てるようにトレーニングをしてください。

招呼は、とても喜求的で帰りの脚側行進も集中できています。課目終了時の脚側停座の精度が向上すれば問題なく満点です。


関連記事

  1. P/L:タンゴ君。

  2. P/L:たんぽぽちゃん&大和君

  3. オビディエンスグループレッスン

  4. P/L:ミーナちゃん&かん太郎君

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:たんぽぽちゃん。

  7. P/L:バロン君

  8. P/L:ひすいちゃん&こはくちゃん&だいずちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930