P/L:トナ君

今朝のトナ君のレッスンは、CDⅡの課目トレーニングです。課題となっている課目の分解トレーニングを中心に動きの確認とトナ君の反応の確認などを行いました。

脚側行進の速歩の左屈折・招呼のオーバーランの改善・伏臥の反応速度の向上などが現在の取り組んでいる課題ですが、トナ君に何を理解させたいのか?を確認した上でトレーニングをしていきましょう。

CDⅠとは違い、安定した実行性と反応速度が求められますので、基礎に戻って最初から作り直すつもりでトレーニングを組み立てましょう。CDⅠの課目ができるようになった事で、ある程度の動きができる前提でトレーニングをしている為に、現在の指導手からの誉め言葉が全く聞かれなくなり、意味のない緊張感だけがトナ君の動きに影響を与えています。CDⅡの動きとしては、まだ何も完成されていませんのでシッカリと基礎から正しい行動や反応を引き出せるようにタイミングの良い誉めで意欲と集中力を引き出しましょう。但し、誉めると言うのは、シッカリと犬の動きや反応を見極めて正しいタイミングで誉める事で犬は理解します。取ってつけたような意味のない誉めは、トレーニングでは必要ありません。
左屈折のトナ君の理解した瞬間の誉めは、どのような動きを求められているのか?を指導手側から意思表示をして、それに応えた瞬間がポイントです。動かなくても左90度で脚側停座を速やかに行えるトレーニングは必須です。招呼は、正面停座を教えている訳ではありませんので、オーバーランを防ぐためにトナ君の目標を与えているだけであることを理解してください。伏臥の反応速度は、まだトリーツありきですので、指導手のトレーニングの組み立て方を工夫しながら進めてください。


関連記事

  1. P/L:アメリちゃん。

  2. C/L:仁虎君。

  3. P/L:もぐろふくぞう君&ケンタウルス君。

  4. P/L:ラルフ君。

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. P/L:モコちゃん。

  7. with sarada 129th Yokohama-School

  8. 第1回 俣野公園愛犬マナー教室

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930