P/L:ウィル君。

今日のウィル君のレッスンは、コマンドの実行性の修正や飼い主さんとしての日々の対応についての見直しについてレクチャーと実践トレーニングです。

CDⅠの課目の動きについての理解は出来ていますが、環境刺激が加わる事で指導手への集中は一気に低下してしまいます。周りからの音や視界に入る動くモノ(人や犬)があっても一定時間の脚側停座で集中が出来ることが絶対条件になってきます。特に余所見をした際に指導手側に意識を戻す場合の対応時に、「ヒール」のコマンドのみで修正できる事が求められますので必要以上に声を掛けたりトリーツの誘導は行わないで下さい。特にトリーツの使い方を間違えると、ニンゲン側の考えている意味とは、全く逆の認識として固定されますので、固定されてから修正する方がはるかに難しくなります。

現在取り組んでいる脚側行進のポジションの修正に関しても、指示無し停座のトリーツの出し方にもとても大切な意味がありますので、この意味を理解してトリーツを大切に使い活用して下さい。安易に与えると、安易な動きしか理解しません。またトレーニングの時間内の集中も維持できなくなり本来教えなければいけない事が教えられずにニンゲン側の満足感だけになります。短い時間でも集中した内容の濃いトレーニングを考えて下さい。その為にも、何をどのように修正して、どのように取り組むのか?を指導手が整理をしてトレーニングに向き合う必要があります。対応や考え方に一貫性がなくなってくると、犬の行動もあやふやになりますので日頃からのコマンドの実行性が低下し課目の動きにも如実に影響が出ますので日頃からのコマンドへの実行性を高めて下さい。


関連記事

  1. ー お知らせ ー

  2. トレーリンググループレッスン。

  3. P/L:ぼたんちゃん。

  4. P/L:獅子君。

  5. C/L:ルカ君・ピュレちゃん・ハナちゃん。

  6. オビディエンスグループレッスン。

  7. トレーリンググループレッスン。

  8. P/L:獅子君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031