P/L:ヴァイス君。

今日のバイス君のレッスンは、前回のレッスンの反復練習と宿題のチェックや新しいコマンドの導入トレーニングです。屋外の環境刺激に対しての適応能力に関しても、飼い主さんがお散歩などで積極的に馴致トレーニングを進めて頂いていることで改善が見られています。この改善は、飼い主さんからのコマンドに対しての反応や実行性に表れます。

以前は「お座り」もままならずカメラに視線を送る余裕もありませんでしたが現在は姿勢の維持も持続できていますし集中力も出てきました。

アテンションと呼びに関してのコマンドについても飼い主さんの声掛けに対しての反応も良くなっています。時々、気になる刺激が加わるとコマンドの実行性は低下しますが、その後のリカバリーがでできていますので現状の更に良い反応になるようにトレーニングをしていきましょう。

トレーニング全般に飼い主さんの注意事項としては、トリーツを手に持たない事や、ポケットに手を入れたままコマンドを出したり誉めたりしないという点です。早くトリーツを与えようとする意識が働く為ですが、トリーツを与える事よりも、まずはシッカリと誉める事を優先して下さい。そして、トリーツを与える際には、そのコマンドのトレーニングの段階により、与える方向性やアイコンタクトを意識させる事などの区分を飼い主さんが理解して行ないましょう。

「待て」のトレーニングでは、必ずバイス君が飼い主さんに集中できている事が大前提です。急激に距離を延ばすのではなく、短い距離で良いですから「待て」のコマンドが出ていたら飼い主さんにアイコンタクトを持続できる事を強化して下さい。

何度かバイス君の元に戻りトリーツを与えますが、与える際に集中が切れないように注意をして最後は、解除のコマンドで解除しましょう。トリーツを与えて解除しないようにしましょう。

新しいコマンドとして「ヒール」のヒールポジションの導入トレーニングをしましたが、ポジションに誘導する際にも必要なテクニックがありますので正しいポジションに正しく誘導するように室内でトレーニングをしてみて下さい。

現在は、少し後方ですし飼い主さんに対して真っ直ぐに座れていませんので真っ直ぐに座れるように誘導してみて下さい。バイス君自身には理解力はありますので是非、トライして下さい。

コマンドの理解と環境馴致のトレーニングを同時進行しながらですが、確実に1歩1歩の成長がみられます。また来年も飼い主さんとバイス君の成長を楽しみにしています。


関連記事

  1. ノーズワークSummer Class in Ven!

  2. C/L:チョビ君。

  3. P/L:杏ちゃん。

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. P/L:Jrちゃん。

  6. P/L:ルカ君。

  7. P/L:ゲイリー君&マー君。

  8. P/L:ローキーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031