P/L:タンゴ君。

初レッスンのタンゴ君(ゴールデンレトリバー1歳5ヶ月♂)は、オビディエンスコマンドの基礎トレーニングです。現在までは、ショーを中心にチャレンジしてきましたが、家庭犬としてのマナートレーニングや飼い主さんとの関係性の構築を中心にトレーニングを進めながら将来的にはサーチドックの認定も目指します。

まだ若く環境刺激に対しての反応や様々なモノに対する興味も多いようです。今後トレーニングを進める中で、課題も見えてくると思いますので、その段階で修正していきながら組み立てていきましょう。今日は今までの生活の中でアテンションに対しての重要性や誉める行為の確立ができていないようでしたので、臭い嗅ぎへの意識から飼い主さんへのアイコンタクトの強化につながるようにアテンションコマンドの強化トレーニングと飼い主さんの誉める行為の強化トレーニングを行ないました。「タンゴ」のアテンションに対しては一定の反応を示せますので、更なる反応の強化と視線の安定性をトレーニングしていきましょう。また反応した瞬間を捉えて「誉める」という飼い主さんに要求される行動は、今まで経験がない分、なかなかタイミングが難しいですが焦らずにタンゴ君の反応を見極める観察力を身につけてください。理解力は高いですから飼い主さん側の正確な対応が成長の鍵です。

ショーが中心だったことで、コマンドで停座する行動を理解していませんでしたので今後は英語のコマンドの「Sit」で停座を強化します。現在はルアーとハンドシグナルの複合で行動の関連付けを行い、座った瞬間に誉めてトリーツを与えるようにして下さい。今日のレッスンでは「Down」の姿勢まで進めましたが、まずは「Sit」をコマンドのみで実行できるようにトレーニングをしましょう。全てのトレーニングで重要なのは「従う心」の育成です。喜々としてコマンドに従う心を養うことがトレーニングの大前提ですので「やらされている感」のあるトレーニングは行わないようにしましょう。モチベーションの高い状態を維持できる時間内で終わらせるようにして期待感を残して終わらせて下さい。


関連記事

  1. P/L:タンゴ君。

  2. 災害救助犬フェアー

  3. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  ―…

  4. P/L:花音ちゃん。

  5. P/L:しぇり君。

  6. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  

  7. P/L:マー君&ゲイリー君&あんちゃん。

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031