オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、トナ君・モモちゃん・たんぽぽちゃん・レティーちゃん・ウィル君・リュウ君・ローキーちゃんです。

現在、トナ君と指導手との間では主導権争いが継続中です。どのような場面でも、指導手からのコマンドを優先できるように今までとは違う指導手側の対応が求められます。時にはトナ君よりも素早く反応しないと伝わらないこともありますので気を抜かずに継続してください。また対応がタイトになる分、トナ君がシッカリと反応しコマンドを優先できた際には、適切な評価と誉めが必要です。この切り替えが分かり易く行われることが現在の壁を越えるためには必要な手段です。


モモちゃんのコーナーとターンの際の指導手の指示を出すタイミングは、かなりジャストタイミングになってきています。課目終了時の脚側停座のポジションの意識も以前より指導手側に停座して、斜めの停座が真っすぐになって生きていますので、理想的な距離感で停座できるように指導手側からの視符のタイミングを再確認してきょうかしていきましょう。招呼の停座と呼びのバランスは、とても良くなっています。立止の前方への移動は紐付きでトレーニングをしてください。


たんぽぽちゃんは、指導手がたんぽぽちゃんに合わせて動く傾向が、また出始めていることで脚側行進の集中やポジションが乱れています。一時期の集中力が高く脚側行進ができていた時期の理想を追いすぎて、たんぽぽちゃんに動きを合わせていますので現在の集中力のない脚側行進になっています。この合わせる動きが顕著にみられるのが、左手です。左手が外にずれてくるたんぽぽちゃんに合わせるように動いてしまいますので、同時に左側へ斜行した脚側行進になります。指導手が進む方向を決めたら、その方向に同調して進むことが脚側行進です。臭い嗅ぎの癖や同調性を高める為に、お散歩の時間を活用するのであれば、分かりにくい数段階の複雑なコマンドよりも、「嗅いでいいのか?」「嗅いではいけないのか?」の分かり易いフィードバックが、トレーニングに活かされると思います。


レティーちゃんは、CDⅡの脚側行進である復路の速歩の指導手の動きがまだぎこちないですから改善していきましょう。これも指導手には初めての経験ですので何度も繰り返し動いて、レティーちゃんとの同調性を安定させることが必要です。左屈折の動きがスムーズにできない状態ですから曲がり方も覚えていきましょう。行進中の伏臥は肘浮きもなく安定してきていますし行進中の停座に関しても問題ありません。理想を言えば、停座の反応速度を今よりももう少し速めましょう。自由選択科目の精度の強化は、指導手の動きも含めて取り組んでください。


ウィル君は、脚側行進の集中力は以前よりも安定しています。復路の速歩の動きは、指導手の手の振り方やコーナーの曲がり方など、ウィル君との同調性を高めてください。課目終了時の脚側停座の位置は、改善されてきていますが、スタート時の微調整に、まだ改善の余地があります。スタートの脚側停座は、脚側行進だけではなく、その場での伏臥や立止の際の精度にも影響を与えますので注意しましょう。行進中の作業は、相変わらず先読み傾向の脚側行進です。現段階は、紐付き脚側行進で脚側行進の実行性を安定させてから作業をさせるようにしていきましょう。


リュウ君は、今までなかなかできなかった伏臥がだいぶできるようになりました。しかし、まだ誘導の段階の伏臥ですので、ハンドシグナルで伏臥ができるようにし、尚且つ伏臥し続けることを教えていきましょう。トリーツを使う場合の、ほんの少しのタイミングで犬の学習は変わりますので注意してください。立止も、トレーニングをする際のポイントを理解して動きを教えてみてください。脚側行進は、指導手との同調性に問題はありませんが、時々臭い嗅ぎの方へ誘惑されます。基礎段階で丁寧にトレーニングをしてブレない脚側行進をめざしましょう。


ローキーちゃんは、指導手のメンタルが如実に脚側行進の精度の現れます。ある程度の緊張感は良いのですが極度に緊張していつものトレーニングの時とは表情やコマンドの出し方が違うだけで敏感に察知しますので、メンタルのセルフコントロールを考えてトレーニングをしてみてください。特に、普段はコマンドを出すタイミングや誉めるタイミングなどは、自分のタイミングや判断で決まりますが、訓練競技などでは、コマンドを出すタイミングや、その場での時間を審査員が管理掌握しますので、指導手のタイミングではなくなることで犬は、敏感に感じ取ります。そのような場面でも、いつもと変わらない雰囲気を如何に表現できるか?も、このトレーニングの難しい点です。


関連記事

  1. P/L:ペガサスちゃん。

  2. P/L:たんぽぽちゃん。

  3. トレーリンググループレッスン。

  4. トレーリンググループレッスン。

  5. オビディエンスグループレッスン

  6. with sarada Lodging training in MON…

  7. P/L:ラルフ君。

  8. P/L:レオン君。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930