オビディエンスグループレッスン

今朝のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、たんぽぽちゃん・モモちゃん・レティーちゃん・パコ君です。それぞれの課題に対しての強化トレーニングや修正トレーニングを行いました。

たんぽぽちゃんは、昨日に引き続きのトレーニングとなりましたので昨日のレッスンの内容を踏まえてトレーニングを組み立て、脚側行進の精度の向上について取り組みました。

紐付き脚側行進の同調性は、以前よりも良くなってきていますが紐なし脚側行進に関しては、まだ同調性が安定していませんので1歩ずつのポジショニングを理解させながら進めていきましょう。脚側停座の集中力は、引き続き安定していますので今後も、この集中できている姿勢を長い時間安定して維持できるようにトレーニングをして下さい。

招呼に関しては、停座の姿勢維持強化は必要ですので寒さなどにより動きやすくなっている分、停座で待つ姿勢のイメージを強化していきましょう。反応速度や実行速度に関しては問題なくクリアできています。


モモちゃんは、意欲的な表現力はとても素晴らしいのですが、意欲が興奮になりすぎてしまうと収拾がつかなくなりますし、興奮を収める為の指導手からのフィードバックが、更に興奮を煽る結果になりなりますので冷静な対応が必要です。

脚側停座の方向は、とても良くなっていますので現状を維持して正しい脚側停座からスタートできるようにして下さい。但し、課目終了時の脚側停座が安定せずに斜めに停座してしまっていますので、停座の際には明確な指示が必要です。脚側行進は、屈折やターンの際に、モモちゃんの動きを同調させようとする指導手の対応は、逆にモモちゃんに合わせる動きとなり改善の切っ掛けにはなりませんので、指導手がイニシャチブを取った動きでモモちゃんが指導手に合わせるように仕向けていきましょう。伏臥は、寒さに負けずに頑張れています。

招呼の停座での静止時間では、指導手に集中しているようですが自分が発する鼻鳴きの音でコマンドが届いていない事も考えられますので、もう少しハッキリとコマンドを出すようにしていきましょう。実行速度は申し分ありません。


レティーちゃんは、周りの環境刺激に影響を受けると、指導手のコマンドよりも環境刺激への反応が優先されてしまいます。多様な環境刺激の中でのトレーニングの経験を積む事も必要ですが、ここでもう一度確認が必要なのが、脚側停座の正しい位置や、脚側行進のコマンドに対しての同調性の高い動きの理解の確認です。

ほんの少しのようですが、脚側停座のポジションが前へ出過ぎていますので、この頭1つ分の位置を修正して安定した脚側行進を目指すべきです。また脚側行進中のレティーちゃんの動きを遅れることなく観察でき、その動きに対して明確でタイミングよい指示や誉めがフィードバックできるように進める必要もあります。1歩ずつ出ても、必ずポジションを守れるように集中したトレーニングをしてみましょう。

特に紐なしでのレティーちゃんの視線の維持は、難しくなりますので紐付きでの安定した脚側行進を、指導手の歩速などにも注意を払いながら進めてください。


久しぶりのレッスンとなったパコ君は、飼い主さんからのコマンドよりも臭い嗅ぎが優先されてしまい、なかなか脚側停座のポジションに停座する事が出来なくなっています。これも日頃の対応によるコマンドの実行性の低下ということは、飼い主さん自身が良く理解しているようですので、折角の能力を安定維持できるように日頃から対応を考えながら過ごせるようにして下さい。

オビディエンスのコマンドのスイッチが入ると、良い動きが出来ていますので飼い主さんの動き方を再確認しながら行なうと、パコ君の能力を上手に引出して行けるようになります。

久しぶりでしたの脚側行進の距離も短く設定して達成感のある状態で終わらせる事が重要です。リードの持ち方も、必ず片手で持つように注意して下さい。

「待て」は、安定していますが集合写真などのように周りに他の犬が居る環境では中々集中できませんので、どのようなシュチエーションでも同じようにコマンドが実行できるようにトレーニングをして下さい。

伏臥は、脚側停座が真っ直ぐに停座できていないと、真っ直ぐになりませんので脚側停座の精度を向上させてください。立止に関しては、脚側停座の位置から前へ出てから右側に向いてしまう習慣になっていますので、いくつかの修正ポイントを守りながら、後脚で立てるようにトレーニングをして下さい。


関連記事

  1. P/L:権三君&一二三ちゃん。

  2. P/L:レイちゃん&テンちゃん。

  3. P/L:Mike君。

  4. with sarada Lodging training in MON…

  5. P/L:メアリーちゃん。

  6. with sarada FIELD 無料しつけ教室

  7. P/L:ルカ君。

  8. P/L:花音ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031