P/L:いちごちゃん。

久しぶりのレッスンとなった、いちごちゃんはいつもとは違う環境でのお散歩や遊びの様子。現在理解しているコマンドの確認や現在の課題について飼い主さんへのレクチャーをさせて頂きました。

ご自宅が海沿いにある事もあり、先日の台風では、初めての体験となる避難所への移動と、今まで経験した事の無い環境下での数時間の待機を経験されたようです。クレートでの待機に関しては、問題なく出来ていたようです。課題としては、指定された場所でのトイレが難しかったようですので、トイレのコマンドの再確認などもしていきましょう。元々、他の犬への友好性は高い性質ですし環境への適応能力も高い、いちごちゃんですので今回のような避難所という独特の雰囲気でも過ごす事ができたようです。今後も自然災害の多い時代ですので、どのような状況下でも対応出来るように経験を積ませてあげて下さい。

ボール遊びのコミュニケーション

以前は、中々スムーズに出来なかったボールを使ったレトリーブの動きですが、レトリーブ後の遊びも上手になり一連の動きに楽しさでも出てきています。今後は、更に精度を上げることで、コマンドへの集中や実行性も更に向上しますので、単なる遊びと捉えずに、興奮した際のいちごちゃんのコマンドの実行性の確認なども含めて観察してみて下さい。

ヒールポジションとヒールでの歩行

ロングリードで飼い主さんがリードを持たない状態での、いちごちゃんの動きが、現段階のいちごちゃんのコマンドの理解だと考えて下さい。お散歩の動きの中で、ヒールポジションでの歩行ができたと考えるよりも、一旦ヒールポジションで飼い主さんの横に座らせてから一緒に歩く行動がスムーズにできるようにトレーニングをしてみて下さい。但し、ヒールポジションで飼い主さんの横に座らせる時の、いちごちゃんのポジションは、飼い主さんと平行に真っ直ぐ座れるようにトレーニングをしましょう。現在の理解は、斜めに座る事を理解していますので修正が必要です。今日のレッスンのような内容でいちごちゃんにコマンドを出すと普段のお散歩よりも、いちごちゃんの動きがぎこちない事も感じられたと思います。コマンドとアテンションが混在してしまい、アテンションの使用頻度が高すぎる為に、シンプルにコマンドのみを出してもコマンド本来の意味が正しく伝わっていない状態にもなっています。トレーニングの時間も、長すぎると集中力が低下してしまい、効率の良い学習につながりませんので、トレーニング中は、アテンションコマンドを使わなくても飼い主さんにシッカリとアイコンタクトが出来ている事を基準にしてみて下さい。

関連記事

  1. P/L:パコ君。

  2. ノーズワークSummer Class in Ven!

  3. 第7回 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

  4. P/L:たんぽぽちゃん。

  5. P/L:タンゴ君。

  6. 第6回 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

  7. P/L:華瑠美ちゃん。

  8. with sarada Lodging training in MON…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031