P/L:ウィル君。

今日のウィル君のレッスンは、オビディエンスのステップアップトレーニングです。

脚側停座の位置は、スタート時も課目を終了してターンで脚側停座に着けた際も必ず正しいポジションに停座できるように繰り返しトレーニングをしていきましょう。特に課目終了時の脚側停座は、斜めに停座してしまう事も多くなりますのでトレーニングの段階では、意識的に指導手が明確な指示を出して正しく終わらせる事を意識させて下さい。

脚側行進の集中は高く維持できるようになってきています。現在は、脚側行進中に誉め言葉を掛けずに実行性を維持できていますが、難易度の高いトレーニングばかりでは意欲が低下しますので、リカバリートレーニングも取り入れながら意欲を維持できるように進めていきましょう。また指示なし停座で止まった際のポジションが、少し先行しますので、このポジションが脚側停座のポジションになるように意識してトレーニングを進めてください。

また現在は、左屈折のスムーズな動きを理解させる為のトレーニングに取り組んでいます。今日のレッスンでは、まだウィル君の頭が後に下がるような動きが多く見られましたが、後半は、指導手と同調して動けるようになっていました。このトレーニングのポイントは、左屈折をショートカットしないで曲がる事にありますので指導手の動きも自身で確認しながら進めてください。

招呼の際の脚側停座も意欲が高い分、斜めに脚側停座してしまいがちですので正しいポジションを意識させましょう。伏臥は問題ありませんが、立止の姿勢が後に下がり気味になります。その後の脚側停座も下がったままに停座しますので、適切な視符を活用して正しいポジションに脚側停座をさせて終わらせましょう。この最後の脚側停座の視符を繰り返し行い意識させると、現在の下がり気味の立止のポジションの改善にもつながります。


関連記事

  1. with sarada 139th Yokohama-School

  2. ノーズワークグループレッスン。

  3. P/L:パコ君。

  4. P/L:マフィン君。

  5. ー お知らせ ー

  6. P/L:レオン君。

  7. P/L:獅子君。

  8. P/L:メアリーちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30