Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

本日のRuff-Ruff主催のノーズワーククラスに参加されたのは、BOXサーチのステップアップコースに、ペチャ君・オブジェクトとインテリアサーチのステップアップコースに、ふじのちゃん・リヤン君・マノンちゃん・ミーナちゃんです。

ペチャ君は、前回のレッスンよりもサーチエリアが広がり自信もついてきているようです。1回目のセッションでは、距離が延びた事でハンドラーに対して助けを求める仕草も見られていましたが、自らの力でハイドへ到達できていた事は大きな成長です。BOXのバリエーションもStep2までクリアできました。


ふじのちゃんは、オブジェクトからインテリアへのステップアップまで進むことができました。スタートからの動きも迷いがなくセントコーンへのピュアな動きにもスピード感が感じられるようになっています。ハイド周辺からピンポイントに到達できるまでの動きは、BOXやオブジェクトのようにセントプールの臭いの溜りがない為に、迷っているように見られますが、臭いがどのように流れているのか?はふじのちゃんの動きが全て正解です。


リヤン君は、サーチ全体の動きに落ち着きが出てくるようになりました。鼻の位置で、ハイドがどこにあるのか?も良く分るくらいに上手に鼻を使えています。身体が大きい分、ハイドが小さくなり設定の難易度が高くなると、自分の動きでセントコーンを動かしてしまう場合もありますが、リカバリーの動きも上手です。ハンドラーのリヤン君のサーチを見る観察力も徐々に向上していますが、まだまだ奥が深いことが沢山ありますので楽しみながら学んで下さい。


マノンちゃんは、ハイバリュートリーツの選択が、中々決まらないようです。集中力の持続を向上させる為にも、再度ハイバリュートリーツの選択を考えてみましょう。後半は、いつものハイバリュートリーツではないトリーツで意欲的な動きを見せていましたが、日頃から多くのトリーツを食べている経緯がありますので特別感のあるトリーツは少ないようです。セントコーンへの反応は、とても素早く反応できていますので、また次回のセッションで楽しみましょう。


ミーナちゃんは、久しぶりのセッションでしたが、とても安定したサーチが出来ていました。鼻の使い方も上手ですし、ハイド付近になると鼻呼吸の頻度が上がりピンポイントで到達できる流れが出来ていました。チャレンジハイの高さの設定も無難にこなせていましたので、難易度の高い設定は繰り返し 経験していくことでサーチのバリエーションも増えてくると思います。ハンドラーの観察力も今後の経験が安定した告知につながります。


関連記事

  1. P/L:ぼたんちゃん。

  2. 緊急消防援助隊関東ブロック合同訓練

  3. P/L:ウィル君。

  4. P/L:モコちゃん。

  5. P/L:くう君。

  6. P/L:まめきち君&つぶきち君。

  7. C/L:華ちゃん。

  8. P/L:アメリちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031