P/L:獅子君。

今朝の獅子君のレッスンは、前日の誘惑刺激に対してのコマンドの実行性の強化や「待て」のステップアップトレーニングなどです。

許可が出るまでコマンドを自主解除しない事とアイコンタクトを維持する事を明確に理解させていきます。今までの習慣から、刺激レベルの低い状態で脚側停座をさせて許可を出すと、飼い主さんは遠くから引っ張られながら誘惑刺激まで近づく事になりますので、獅子君の刺激に対しての耐性は、いつまでも距離のあるポジションから成長しません。今日は、遠くで誘惑刺激を意識させながら徐々に近づいて、直前まで我慢ができるようにトレーニングをしました。当然ですが、刺激に対して自主解除しようとしますが、動いてはいけない事を飼い主さんからの指示で理解させる為には、動いてから指示を出すのではなく動きそうになる前いに指示を出す事がテクニックです。コマンドを維持できた報酬として許可の後は、遊べますが、遊んでいる最中にも再度、呼び戻して同じ事を繰り返し、「待つ事」や「呼び戻される事」が特別な事ではない事を理解させていきましょう。

「ついて」の脚側停座の精度に関しても、正しいポジションを理解させていきましょう。興奮状態や刺激が強いとポジションがバラバラになりやすくなります。またアイコンタクトの時間を延ばす為に誉めると、誉め言葉が解除の合図になっている事が獅子君の動きに表れています。コマンドを持続している事を誉め続けたり、タイミングよく誉める事と解除のコマンドの区別をさせましょう。

「待て」の強化は、飼い主さんが離れるだけではなく獅子君の視界から消えてしまう条件でも待てるようにステップアップです。今日のレッスンでは、時間が延びると動いてしまう傾向が出ていましたが、「待つ」意識は残っていますので今後も強化していきましょう。動いた際の「待て」や「座れ」のコマンドに対しても獅子君の視界に飼い主さんが確認できない状態での遠隔のコマンドを理解出来ていますので従った際の誉めるタイミングも飼い主さんの技術です。


関連記事

  1. P/L:スフレちゃん。

  2. with sarada Lodging training in MON…

  3. P/L:シュン君。

  4. P/L:はるちゃん。

  5. P/L:ルナちゃん。

  6. P/L:いちごちゃん。

  7. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  8. トレーリンググループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930