P/L:アメリちゃん。

アメリちゃんの今朝のレッスンは、引き続きお散歩や呼び戻しなど屋外でのコマンドに対しての実行性に関しての実践トレーニングです。

お散歩での飼い主さんとの距離間や臭いに対しての反応など、いくつかの気になる点があるようです。飼い主さんからのハッキリとした指示とタイミングよい誉め言葉など、アメリちゃんに上手に伝わるようなフィードバックが必要ですが、飼い主さんの気持ちの中に「こうしていこう!」というメゲナイでブレない気持ちが、少し揺らいでしまい、その揺らいでいる気持ちを良く察しているアメリちゃんのペースに飼い主さんがイニシャチブを握られてしまっている状態のようです。もう一度、飼い主さん自身の立場をハッキリと表現できるように対峙していく事が必要ですので、お散歩のポジションも飼い主さんが決めたポジションを、その時々で変えないようにして徹底させましょう。今日のレッスンで行ったように、指示のタイミングが遅いですから、事前に指示を出す事や、歩速をアメリちゃんに合わせずに飼い主さんがペースを握る事です。時には速く歩いたり、極端にゆっくり歩いたりの変化もトレーニングのポイントです。特に、急激にゆっくり歩きスピードダウンした場合に、その歩速の変化を感じてアメリちゃんもスピードダウンできたらシッカリ誉めましょう。一緒に歩速を合わせて歩いているようですが、実は周りの誘惑刺激に意識が向いていると、この飼い主さんのスピードダウンには着いていけずに、オーバーランしてしまいます。このオーバーランの動きも事前の指示でさせないように準備をして飼い主さんはスピードダウンする必要があります。また、アスファルトと違い、土や芝生では誘惑刺激にレベルが違いますので、芝生や土の上に差し掛かった瞬間に、臭い嗅ぎの解除を出すと、コマンドの解除ではなくアメリちゃんの臭い嗅ぎの行動にコマンドが付随しているだけの状態になります。これを改善させる為に「ゆっくり」のコマンドを出したまま、アスファルトから芝生や土のエリアに進み、臭い嗅ぎをさせない状態で進んでからヒールポジションで一旦止めた上で解除のコマンドを出すようにルール作りをして下さい。

呼び戻しに関しては、飼い主さんの「来い」や「いい子」のコマンドが、呼び戻すよりもコマンドを無視する合図になりつつあります。呼び戻しのコマンドを出してから、飼い主さんはアメリちゃんがコマンドを理解して戻って来るかどうか?の確認をする時間が長すぎてしまい、コマンドが出ても戻らなくても良いことや無視をし続ける事の方がアメリちゃんに理解されてしまっているようです。今後は今日のレッスンで行ったようにフリーで動かせる距離を、あまり延ばさずに「来い」のコマンドは1回だけでコマンドを出したら、すかさず引き寄せる事を繰りかします。また引き寄せている段階では誉めずに、戻りきった時点で誉めるように変更しましょう。本来は、引き寄せている最中を誉めるべきですが、現状のアメリちゃんの動きをみると、この段階での誉め言葉に対して逆の反応が見られますので、確実に正面に戻りアイコンタクトが出来た時点で大いに誉めて下さい。学習能力も性能も高い犬種ですので、飼い主さんのモチベーションが下がると、正しい理解が深まりませんので飼い主さんとして絶対的な立場を再認識して、現在の波を乗り越えていきましょう。


関連記事

  1. P/L:シェリーちゃん。

  2. トレーリンググループレッスン。

  3. P/L:マー君&ゲイリー君。

  4. P/L:マロニー君。

  5. Ruff-Ruffノーズワーク Class in Ven!

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. P/L:スフレちゃん。

  8. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930