P/L:Mike君。

今朝のMike君のレッスンは、最近の状況の確認と飼い主さんとの関係性の構築には欠かせない基礎となるコマンドの基本トレーニングです。

前回のレッスンでも飼い主さんからのアテンションや声がけ、そして「Come」のコマンドに対して、無視をしてしまう傾向が見られました。これは日頃の生活の中にも、飼い主さんがトリーツを持っているか?持っていないか?を確認してからコマンドを実行するか?しないか?を判断している行動が見られる。というMike君の動きを飼い主さんが判断ができていることからも、トリーツの意味や与えるタイミング・誉め言葉との関係性と解除のコマンドとの区別など、いくつかの要素を飼い主さんが意識的に改革していかなければ、いつまでもMike君との取り引きの関係性が続いてしまいます。その為には、トリーツの有無ではなく、誉めるいう飼い主さんの表現力を磨いていきましょう。今までの飼い主さんの理解は、「誉める」=「トリーツ」という関連付けでしたので、このままの方法ですと今後のステップアップに必要な「コマンドを実行し続ける」という事を教える事ができなくなります。また今までの方法ですとトリーツを与えた瞬間に、Mike君が姿勢を自主解除しますので「解除のコマンド」も教えることができなくなります。これを改善する為には「誉める」という飼い主さんのフィードバックが大切なポイントになります。またトリーツの与え方も単発的な連続強化のトリーツの与え方から変動強化や間歇強化といようにMike君が先読みをしたり自主解除しないように工夫してみて下さい。今日の「Come」でも飼い主さんの方向に向ってきている行動を誉めるという事が欠けていましたので、行動を誉めることでMike君の視線も飼い主さんへの強いアイコンタクトとなります。

呼び寄せた後の飼い主さんの手の高さが、まだ無意識に高い位置にありますので手の位置が下にあってもMike君が飼い主さんへのアイコンタクトができることを理想です。アイコンタクトできている時には、タイミングよく誉めてあげると更に姿勢維持に繋がります。トリーツを与える事が全てではありません。「誉める」という表現力が報酬となるようにトレーニングをしていきましょう。


関連記事

  1. P/L:ルカ君。

  2. P/L:凜ちゃん。

  3. P/L:マーク君

  4. P/L:ぼたんちゃん。

  5. Dog wave主催 Nose Work Competition in…

  6. オビディエンスグループレッスン

  7. オビディエンスグループレッスン

  8. オビディエンスグループレッスン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31