P/L:トナ君

今朝のトナ君のレッスンは、CDⅡの課目トレーニングです。最近の課題は脚側行進の指導手の姿勢の改善を続けています。また脚側停座の集中の維持も引き続き進める必要がありますが、この維持に関しては指導手が主導権を握りながら進めなければ、いつまでもトナ君の状況次第のスタートになります。

脚側行進の指導手との距離間は脚側停座の距離間が大きく影響します。脚側停座のポジションの理解も、トナ君が理解して正しい位置に停座できるように繰り返しトレーニングを行いましょう。

伏臥の実行速度は、以前よりも視符に対しての反応が安定しつつありますが、報酬の有無での反応の違いもまだありますので丁寧に安定した反応を目指してください。自由選択科目のバリエーションを増やすこともトレーニングを楽しむ為には必要です。ただ、動きを教える際の誘導の仕方で犬の動きが変わることを理解してください。


関連記事

  1. P/L:ハル君

  2. P/L:ルカ君。

  3. P/L:マー君&ゲイリー君。

  4. P/L:レディーちゃん

  5. P/L:ぼたんちゃん。

  6. P/L:ブルース君。

  7. DRDN捜索基礎訓練会

  8. P/L:凜ちゃん。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031