オビディエンスグループレッスン

今日のオビディエンスグループレッスンに参加されたのは、モモちゃん&レティーちゃん・ブルース君&リンゴスターちゃんの2組4頭です。 雨の降り出しが予報よりも早くなり、雨の影響を受けない場所でのポイントトレーニングを行いました。

レティーちゃんは、脚側行進の精度向上のシェイピングトレーニングを中心に行いました。また指導手の真っ直ぐに歩く体感の修正にも今日の場所は、良い環境となったようです。脚側停座の真っ直ぐのポジションも意識してトレーニングをしているようで改善の傾向が見られます。脚側行進の集中力の維持に関しては、いつもの芝生の上よりも刺激が少ないので良い強化トレーニングとなりました。伏臥と立止の課目をミスしないように、ONとOFFの切り替えしを指導手が意識できるようにトレーニングしていきましょう。また、感情の強弱が、コマンドの強弱に同調していますので冷静にコマンドを出して冷静に指示を出せるように意識してみて下さい。


リンゴスターちゃんは、以前から取組んでいる脚側停座のポジションの精度と1度のコマンドで正しいポジションに停座できるようにする課題について、まだ何度かコマンドや視符を出さないと正しいポジションに停座できませんので改善していきましょう。真っ直ぐな脚側停座ができるようにする事で、伏臥の課目も修正がなくなります。脚側行進に関しても、指導手の動きのぎこちなさや足の運びの癖が出てきていますので、コーナーでの軸足の動かし方やターンでの足の運びなども無意識に正しくできるようにしていきましょう。立止は、まだ真っ直ぐに立てていませんので引き続き改善して下さい。


モモちゃんは、モチベーターレベルの高い条件下でのトレーニングに関して、我慢強くコマンドの実行性を優先できるようになってきています。指導手の指示の出し方も的確なタイミングで行うようにしないと、ほど良い緊張とコマンドの実行性のバランスが崩れてしまい、モモちゃんの意欲だけが一人歩きしてしまいます。高い意欲を緊張感でバランスをとることで集中力も生まれてきますので丁寧に進めていきましょう。「待て」での静止姿勢の維持は、短い距離でのトレーニングの場合も、通常の招呼のトレーニングと同じような動き、コマンドの出し方で行うようにしないと、違うトレーニングとしての理解になりますので注意してください。


ブルース君は、脚側行進のアイコンタクトの姿勢の維持を維持できるように強化トレーニングを行ないました。集中が切れてからコマンドを出すパターンではなく、維持時間を延ばすトレーニングに切り替えて下さい。また、左の屈折をトレーニングする際の指導手の動きとブルース君の動きの同調性がありませんので指導手の動き方を再確認した上で、正しい動きを理解させて下さい。課題の立止に関しては、日頃のトレーニングの方法が、少しずつ成果となっているようです。リードの位置とテンションが掛かるかどうか?の確認も忘れないようにして後脚始動の立止を完成させて下さい。


関連記事

  1. P/L:ブルース君&リンゴスターちゃん。

  2. オビディエンスグループレッスン

  3. Dogwave主催 Nose Work Group Lesson  

  4. P/L:くう君。

  5. P/L:ブルース君。

  6. P/L:だいず君&パピコ君。

  7. P/L:ケン太君&大福ちゃん。

  8. オビディエンスグループレッスン。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031