P/L:フラッフィー君。

今日はカウンセリングとレッスンでお伺いした、フラッフィー君(ボーダーコリー4ヶ月♂)の課題は、パピートレーニング全般とジャレ噛みやトイレトレーニングとお散歩のスタイルについて、現在の月齢に合った対策や今後を予測して飼い主さんの予備知識の蓄積のトレーニングです。

お留守番の時間が長いこともあり、飼い主さんとのコミュニケーションが不足していることと、飼い主さんのフラッフィー君への対応も、どちらかというと課題に対しての対応が多くなることと誉める機会が非常に少ないようです。またアテンションコマンドに対して拒否や無視の反応が見られましたので、基本となるアテンションの強化を進めていきましょう。理解力も非常に高いですから飼い主さんが、シッカリとフラッフィー君を理解して月齢合ったトレーニング方法で取組むことができれば良い関係性が築けますので改善していきましょう。

引っ張りっこ遊びからのレトリーブの一連の流れとコマンドの理解は非常に早く、トレーニング前は少し物欲が強化されていましたので、遊びの中からルールの理解を進めて下さい。また、オモチャなどを与えっぱなしにせずに管理して、飼い主さんがイニシャチブを取ることで、魅力的な飼い主さんへの1歩を踏み出せます。お散歩は、色々なものに興味を惹かれていますが、飼い主さんの傍にいると良い事が起きる事を丁寧に教えていきましょう。引きも強いですが、理解は進みます。また今後は、バイクや自転車、ランナーなどの動く対象物に反応し始めますので注意も必要です。6ヶ月に向けて♂犬としての自覚や自信も目覚めてきますので、メンタルの変化を見逃さずに先手を打てるように対応しながら、誉める機会を増やしコミュニケーションの時間を多く作れるようにして下さい。


関連記事

  1. P/L:スフレちゃん。

  2. P/L:巴ちゃん。

  3. with sarada 124th Yokohama-School

  4. オビディエンスグループレッスン

  5. ノーズワークSummer Class in Ven!

  6. DRDN捜索基礎訓練会。

  7. P/L:獅子君。

  8. 清水ヶ丘公園マナーアップスクール

コメント

    • FLUFFYの飼い主
    • 2020年 2月 06日

    的確なご指導のおかげ様で、直後から驚くほど意志疎通ができるようになりました。
    じゃれ噛み·本気噛み問題は、首輪装着時などはトリーツで、またコマンド「いけない」の使い方変更で効くようになったので、誉めたり抱きしめたりする機会が増え、良好な関係に修正できました。
    お散歩も、引っ張りと飛び出し対策も少しずつ効果がみられています。
    トイレは設置場所など試行錯誤しながら、相変わらずですが、現在はプレートタイプにすることでトイレで寛ぐことは少なくなりました。
    体がどんどん大きくなってきて可動領域が広がってきているので、新たな対策も生まれてますが、ひとまず一番心配だった噛み付き行為をコントロールすることができ助かりました。

    • こんにちは。
      フラッフィー君、とても理解力がありますので
      良いことも悪いこともすぐに覚えてしまいます。
      何よりも、この月齢は飼い主さんとのコミュニケーションが、とても大切な時期ですので誉める機会を増やしながら
      今後の犬生にプラスになる為のトレーニングを続けて下さい。
      また何かございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Archive

2020年1月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031